1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

by BITTIMES

仮想通貨投資プラットフォーム「Lunar(ルナー)」の創設者であるJoel Birch(ジョエル・バーチ)氏は、「Forbes」からのインタビューを受けた際に『ビットコイン(Bitcoin/BTC)が8,000ドル(約87万円)以下まで下落している時は"ドルコスト平均法"で買い増していくのがベストだ』との考えを語りました。

こちらから読む:Bakkt、BTC先物の"オプション取引"提供へ「ビットコイン」関連ニュース

「8,000ドル以下は買いの機会」将来的には2万ドルに

ビットコイン(BTC)の価格は今月23日頃の急落によって再び80万円付近まで下落しており、一部では『BTC価格は7,000ドル(約76万円)付近まで下がる可能性がある』とも言われていますが、仮想通貨投資プラットフォーム「Lunar(ルナー)」の創設者であるJoel Birch(ジョエル・バーチ)氏は『8,000ドル(約87万円)以下は買いの機会である』と考えていることを明かしています。

同氏は「ビットコインが具体的にいくらまで下がるかはわからない」としてはいるものの、8,000ドル以下の価格帯は長期的に見て購入しても良い価格帯だと考えていることを語っており、将来的には再び20,000ドル(約217万円)を越えると信じていると述べています。

ビットコイン価格が、6,000ドル、4,000ドル、3,000ドルに達するかどうかは定かではありませんが、いずれにせよ8,000ドル以下は買いの機会だと考えています。

ビットコインは最終的に2万ドルを超えると信じています。

「ドルコスト平均法」での買い増しが最善の戦略

バーチ氏は底値予想は立てていないものの、その代わりに8,000ドル以下でビットコインを購入する際の戦略として「ドルコスト平均法」を推奨しています。

ドルコスト平均法とは、定期的に一定の金額分を購入していく方法のことであり、高値のときは少ししか買わず、安値のときに多く買うことができるので「平均取得単価を下げることができる」というメリットを持っています。

ビットコイン価格に関しては、依然として下落予想が多数語られているものの、長期的には「再び過去最高値に到達する」との意見が多く見られています。仮想通貨業界の著名投資家たちは"BTC急騰の時"は迫っていると語っているため、今後数ヶ月間の動きには特に注目です。

>>「Forbes」の報道はこちら

2019年10月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日80万円まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年10月25日時点では「1BTC=815,032円」で取引されています。

2019年8月26日〜2019年10月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月26日〜2019年10月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン急落の原因は「米政府BTC売却」の噂?誤報ツイートに要注意

ビットコイン急落の原因は「米政府BTC売却」の噂?誤報ツイートに要注意

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

ビットバンク「エンジンコイン(ENJ)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク「エンジンコイン(ENJ)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す