デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

by BITTIMES

米国の仮想通貨取引所「Binance US」は、2019年11月1日にデビットカードで仮想通貨を購入できるようになったことを発表しました。サービスの拡大を続けている「Binance US」では、取引量が増加していることが報告されています。

こちらから読む:フランス、高等教育に"ビットコイン"追加か「仮想通貨」関連ニュース

1日の取引量は「1,500万ドル」まで増加

Binance USは、2019年11月1日にデビットカードで仮想通貨を購入できるようなったことを発表しました。同取引所では元々「小口決済システム(ACH)」を通じて仮想通貨を購入する必要がありましたが、デビットカードであればより簡単に仮想通貨を購入できるため、取引量が増加すると期待されています。

サービスを開始した時点の「Binance US」は仮想通貨7銘柄のみを取り扱っていましたが、その後は続々と新たな仮想通貨を追加しており、現在は合計40種類の仮想通貨が取り扱われています。

サービスの拡大を続けている「Binance US」では1日の取引量が順調に増加していることも報告されており、サービス開始からわずか30日で約1,500万ドル(約16億円)に達したとされています。先月22日時点での取引量は1,000万ドル(約10.8億円)ほどとなっていたため、ここ数日でさらに取引量が増加していることがわかります。

一部の銀行および管轄区域では、クレジットカードやデビットカードで仮想通貨を購入することが禁止されていますが、米国では日常的な支払い手段としてデビットカードが普及しているため、「Binance US」の取引量は今後もさらに増加していくことになると期待されます。

>>「Binance US」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

マイナンバーカードが暗号資産ウォレットに「マイナウォレット」イーサリアム財団の研究開発助成プログラムに採択

マイナンバーカードが暗号資産ウォレットに「マイナウォレット」イーサリアム財団の研究開発助成プログラムに採択

東京ハッシュ「貸暗号資産サービス」提供開始|ビットコイン・イーサリアムに対応

東京ハッシュ「貸暗号資産サービス」提供開始|ビットコイン・イーサリアムに対応

IOTA:iOS・Android版Trinityの「最新版」公開|利用者はパスワード変更を

IOTA:iOS・Android版Trinityの「最新版」公開|利用者はパスワード変更を

BlackRockのビットコイン現物ETF「承認・上場」は近い?DTCCのリストに掲載

BlackRockのビットコイン現物ETF「承認・上場」は近い?DTCCのリストに掲載

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説