中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

by BITTIMES

中国・上海の規制当局が、仮想通貨取引関連のビジネスを行なっている事業者の調査を行い、2019年11月22日までに必要な対策をとることが現地の金融メディア「財新」の報道で明らかになりました。ここ最近では中国系アルトコインの価格上昇なども観測されていましたが、今回の調査・対応が行われることによってそのような動きも落ち着く可能性があると予想されます。

こちらから読む:著名アナリスト、ETHに強気姿勢「仮想通貨」関連ニュース

上海規制当局「仮想通貨関連サービスを調査」

中国・上海の規制当局は「中国人民銀行の上海本部」と「上海金融監督管理委員会」の声明で『現地の仮想通貨取引関連のサービスを調査し、2019年11月22日までには中国人民銀行に報告を行うように』とする命令を受けたと報じられています。

この調査の対象となっているのは「仮想通貨取引を促進する事業体」や「トークンセール・イニシャル・コイン・オファリング(ICO)などに関わっている事業者」だとされており、「国外のICOに関わっている販促・仲介サービス」なども調査の対象になっているとされています。

仮想通貨関連のサービスに関わっている企業が特定された場合には、報告が行われた上で業務停止が命じられることになると伝えられています。

仮想通貨への「投機的関心」静まる可能性

中国では約1ヶ月ほど前に習近平国家主席がブロックチェーン技術を本格的に導入していく意思を明らかにしたことなどによって、仮想通貨に関する関心も高まっていましたが、中国政府はそのような「仮想通貨に対する投機的な関心が高まっている状況」を問題視していました。

同国では2017年に「法定通貨と仮想通貨の取引サービス」や「ICO」が禁止されており、習近平国家主席も"仮想通貨"を推進するような発言はしていなかったの、この1ヶ月間で「中国と仮想通貨」に関するニュースは数多く報じられており、これらのニュースには誤報が含まれていることも報告されているため、これまでの状況はやや白熱しすぎていたとも考えられます。

最近の報道によって「中国が仮想通貨市場の成長を後押しする」と期待する意見も出ていましたが、中国政府は基本的に仮想通貨に対しては否定的な立場を維持し続けているため、今回の調査で中国国内の仮想通貨関連ビジネスが整備されることによって、ヒートアップしていた投機的な動きも落ち着く可能性があると考えられます。

先日は"中国版Twitter"として知られている人気のSNS「Weibo」で、"ブロックチェーン"と"仮想通貨取引"を同時に含んでいる投稿が禁止されており、仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」や「トロン(Tron/TRX)」の公式アカウントがブロックされたことも報告されているため、SNS上での会話も一度静まる可能性があると言えるでしょう。

なお、バイナンスなどのアカウントがブロックされた正式な理由は明らかになっていないものの、バイナンスは今回の一時停止は「一部のユーザーがソーシャルメディアに提出した"悪意のある報告"によるものだ」と説明しており、現在はWeiboにアカウント再開を求めているとされているため、近日中にはアカウントが復旧すると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

仮想通貨人気が止まらない!ブラジル最大の金融グループ「暗号通貨市場」参入へ

仮想通貨人気が止まらない!ブラジル最大の金融グループ「暗号通貨市場」参入へ

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す