中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

by BITTIMES

中国・上海の規制当局が、仮想通貨取引関連のビジネスを行なっている事業者の調査を行い、2019年11月22日までに必要な対策をとることが現地の金融メディア「財新」の報道で明らかになりました。ここ最近では中国系アルトコインの価格上昇なども観測されていましたが、今回の調査・対応が行われることによってそのような動きも落ち着く可能性があると予想されます。

こちらから読む:著名アナリスト、ETHに強気姿勢「仮想通貨」関連ニュース

上海規制当局「仮想通貨関連サービスを調査」

中国・上海の規制当局は「中国人民銀行の上海本部」と「上海金融監督管理委員会」の声明で『現地の仮想通貨取引関連のサービスを調査し、2019年11月22日までには中国人民銀行に報告を行うように』とする命令を受けたと報じられています。

この調査の対象となっているのは「仮想通貨取引を促進する事業体」や「トークンセール・イニシャル・コイン・オファリング(ICO)などに関わっている事業者」だとされており、「国外のICOに関わっている販促・仲介サービス」なども調査の対象になっているとされています。

仮想通貨関連のサービスに関わっている企業が特定された場合には、報告が行われた上で業務停止が命じられることになると伝えられています。

仮想通貨への「投機的関心」静まる可能性

中国では約1ヶ月ほど前に習近平国家主席がブロックチェーン技術を本格的に導入していく意思を明らかにしたことなどによって、仮想通貨に関する関心も高まっていましたが、中国政府はそのような「仮想通貨に対する投機的な関心が高まっている状況」を問題視していました。

同国では2017年に「法定通貨と仮想通貨の取引サービス」や「ICO」が禁止されており、習近平国家主席も"仮想通貨"を推進するような発言はしていなかったの、この1ヶ月間で「中国と仮想通貨」に関するニュースは数多く報じられており、これらのニュースには誤報が含まれていることも報告されているため、これまでの状況はやや白熱しすぎていたとも考えられます。

最近の報道によって「中国が仮想通貨市場の成長を後押しする」と期待する意見も出ていましたが、中国政府は基本的に仮想通貨に対しては否定的な立場を維持し続けているため、今回の調査で中国国内の仮想通貨関連ビジネスが整備されることによって、ヒートアップしていた投機的な動きも落ち着く可能性があると考えられます。

先日は"中国版Twitter"として知られている人気のSNS「Weibo」で、"ブロックチェーン"と"仮想通貨取引"を同時に含んでいる投稿が禁止されており、仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」や「トロン(Tron/TRX)」の公式アカウントがブロックされたことも報告されているため、SNS上での会話も一度静まる可能性があると言えるでしょう。

なお、バイナンスなどのアカウントがブロックされた正式な理由は明らかになっていないものの、バイナンスは今回の一時停止は「一部のユーザーがソーシャルメディアに提出した"悪意のある報告"によるものだ」と説明しており、現在はWeiboにアカウント再開を求めているとされているため、近日中にはアカウントが復旧すると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

チリーズ:CHILIZ CHAIN 2.0のテストネット「Scoville」ローンチ

チリーズ:CHILIZ CHAIN 2.0のテストネット「Scoville」ローンチ

日本円ステーブルコイン「Y-TORA」JPYCと交換可能に|記念キャンペーンも実施

日本円ステーブルコイン「Y-TORA」JPYCと交換可能に|記念キャンペーンも実施

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

コインチェック「Generativemasks #4000」のNFTが当たるキャンペーン開始

コインチェック「Generativemasks #4000」のNFTが当たるキャンペーン開始

Bybit「コスプレトークン(COT)」取扱い開始|お得な上場記念キャンペーンも開催

Bybit「コスプレトークン(COT)」取扱い開始|お得な上場記念キャンペーンも開催

TENSET(テンセット)Everdomeのメタバース土地を取得|新たなゲーム内映像も公開

TENSET(テンセット)Everdomeのメタバース土地を取得|新たなゲーム内映像も公開

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

NFTStudio:DNSドメイン「nippon.jp」のサブドメインNFT販売開始

NFTStudio:DNSドメイン「nippon.jp」のサブドメインNFT販売開始

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

会話すると暗号資産がもらえる新プロジェクト「AZITO」を発表:株式会社OPSION

会話すると暗号資産がもらえる新プロジェクト「AZITO」を発表:株式会社OPSION

エミレーツ航空「ビットコイン決済」対応へ|NFT・メタバースなどの活用も予定

エミレーツ航空「ビットコイン決済」対応へ|NFT・メタバースなどの活用も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す