世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

by BITTIMES

仮想通貨ATMの設置台数が2019年11月17日時点で「6,000台」を突破したことが明らかになりました。仮想通貨の価格自体は現在も停滞を続けているものの、世界に設置されているビットコインATMの数は順調に増加し続けており、現在は毎日平均11台が設置されていると報告されています。

こちらから読む:Libraテストネット、プロジェクト数は30以上に「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨ATMの設置台数「6,003台」に到達

仮想通貨ATMに関する情報を提供しているWebサイト「Coin ATM Radar」のデータによると、世界中に設置されているビットコインATMの数は2019年11月17日時点で「6,003台」にまで達しているとされています。

2017年に1,000台にまで増加した仮想通貨ATMの数はその後も急速に増加し続けており、2018年には2,000台、2019年1月には4,000台に達し、2020年を目前に控えた2019年11月時点で6,000台に到達しています。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar

最も設置台数が多い国は「アメリカ」

最も設置台数が多い国は依然としてアメリカとなっており、設置台数は「4125台」だとされています。2番目に多い国は「729台のカナダ」となっており、3番目に多いのは「295台のイギリス」だとされています。

日本の設置台数は「2台」とされていますが、以前当メディアで「日本国内の仮想通貨ATM」について調べた際には「Coin ATM Radar」に登録されている設置場所以外で少なくとも15箇所に設置されていることが明らかになったため、実際にはもっと多くの仮想通貨ATMが設置されていると考えられます。

実際の数値との差が見られるのは「Coin ATM Radar」にビットコインATMの設置登録を行っていない事業者が多いためであると考えられます。「Coin ATM Radar」では、設置場所・メーカー・サポートしている機能・営業時間などといった必要な情報を入力することで仮想通貨ATMの設置登録を行うことができるようになっているため、仮想通貨ATMを取り扱っている事業者や店舗の方は登録を行ってみると良いでしょう。(仮想通貨ATMの登録はこちらから

1日あたりの平均設置台数「5ヶ月で約2倍に」

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar

1日あたりの平均設置台数は当メディアが前回「5,000台突破」を報告した2019年6月時点で「6台」となっていましたが、2019年11月時点でこの数値は「11台」だと報告されているため、1日あたりの平均設置台数は過去5ヶ月間で約2倍に増加したことがわかります。

仮想通貨ATMは「旅行先で使い残した現地の法定通貨を仮想通貨に交換して帰国後に換金する」といったことにも活用することができるため、旅行者などからも高い評価を受けていると報告されており、最近では複数の国の空港などでも設置され始めています。

先日は「米国内国歳入庁(IRS)が仮想通貨ATMに関連する違法行為について調査を開始している」ということも報告されていますが、これまでのデータを元に考えると今後も仮想通貨ATMの設置台数はさらに増加していくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

SBI VCトレード「かんたん口座開設申込機能・暗号資産移管機能」をリリース

SBI VCトレード「かんたん口座開設申込機能・暗号資産移管機能」をリリース

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

The Sandbox:香港の有名企業・著名人が集結する「Mega City」のLANDセール開催へ

The Sandbox:香港の有名企業・著名人が集結する「Mega City」のLANDセール開催へ

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す