世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

by BITTIMES

仮想通貨ATMの設置台数が2019年11月17日時点で「6,000台」を突破したことが明らかになりました。仮想通貨の価格自体は現在も停滞を続けているものの、世界に設置されているビットコインATMの数は順調に増加し続けており、現在は毎日平均11台が設置されていると報告されています。

こちらから読む:Libraテストネット、プロジェクト数は30以上に「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨ATMの設置台数「6,003台」に到達

仮想通貨ATMに関する情報を提供しているWebサイト「Coin ATM Radar」のデータによると、世界中に設置されているビットコインATMの数は2019年11月17日時点で「6,003台」にまで達しているとされています。

2017年に1,000台にまで増加した仮想通貨ATMの数はその後も急速に増加し続けており、2018年には2,000台、2019年1月には4,000台に達し、2020年を目前に控えた2019年11月時点で6,000台に到達しています。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar

最も設置台数が多い国は「アメリカ」

最も設置台数が多い国は依然としてアメリカとなっており、設置台数は「4125台」だとされています。2番目に多い国は「729台のカナダ」となっており、3番目に多いのは「295台のイギリス」だとされています。

日本の設置台数は「2台」とされていますが、以前当メディアで「日本国内の仮想通貨ATM」について調べた際には「Coin ATM Radar」に登録されている設置場所以外で少なくとも15箇所に設置されていることが明らかになったため、実際にはもっと多くの仮想通貨ATMが設置されていると考えられます。

実際の数値との差が見られるのは「Coin ATM Radar」にビットコインATMの設置登録を行っていない事業者が多いためであると考えられます。「Coin ATM Radar」では、設置場所・メーカー・サポートしている機能・営業時間などといった必要な情報を入力することで仮想通貨ATMの設置登録を行うことができるようになっているため、仮想通貨ATMを取り扱っている事業者や店舗の方は登録を行ってみると良いでしょう。(仮想通貨ATMの登録はこちらから

1日あたりの平均設置台数「5ヶ月で約2倍に」

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar

1日あたりの平均設置台数は当メディアが前回「5,000台突破」を報告した2019年6月時点で「6台」となっていましたが、2019年11月時点でこの数値は「11台」だと報告されているため、1日あたりの平均設置台数は過去5ヶ月間で約2倍に増加したことがわかります。

仮想通貨ATMは「旅行先で使い残した現地の法定通貨を仮想通貨に交換して帰国後に換金する」といったことにも活用することができるため、旅行者などからも高い評価を受けていると報告されており、最近では複数の国の空港などでも設置され始めています。

先日は「米国内国歳入庁(IRS)が仮想通貨ATMに関連する違法行為について調査を開始している」ということも報告されていますが、これまでのデータを元に考えると今後も仮想通貨ATMの設置台数はさらに増加していくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

Huobi Japan「ビットコインがもらえるキャンペーン」延長決定|2019年末まで開催中

Huobi Japan「ビットコインがもらえるキャンペーン」延長決定|2019年末まで開催中

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

Trezor・Ledgerの「新たなフィッシングサイト」出現|リカバリーフレーズ盗難に要注意

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す