マイニング機器メーカーBitmainがロシアに修理センター開設

by BITTIMES   

マイニング機器メーカーであるBitmainはロシアにサービスセンターを開設しました。ロシアのマイナーはASICリグを現地で修理できるため、時間と経費を節約できます。これまでは、税関手続きや高価な船積みなどの問題を抱えていた設備を中国に返送しなければなりませんでした。

最大のマイニング企業であり、マイニング機器の大手メーカーでもあるBitmainは、成長しつつあるロシア市場のニーズにローカルで対応することを決定しました。中国企業はシベリア最大のイルクーツク市に技術サポートセンターを開設しました。新しい施設は、BitmainのASICリグを修理し、欠陥のある機器を交換します。

ロシアのマイニング企業はこれまで、税関の手続きを経てアジアへの高価な船積みを経由し、不良ASICを中国に送り返すことを余儀なくされていました。

免許を受けた修理工場がなければ、ロシアのマイナーたちはリグを修理するか地元の手工芸品に頼らざるを得ませんでした。貴重な「鉄」を中国に送ることは、ハードウェアが輸送中に損傷を受ける可能性があるため高価でもあり危険でもあります。
またロシアと中国の税関を行き来することは、製造業者による採掘装置の保守をさらに複雑にしていました。

今後は、イルクーツクの新しいBitmainサービスセンターで修理を行うことができます。修理不可能なデバイスは保証の対象となる場合は、新しいデバイスに交換されます。
しかしハードウェアを送る前にマイナーは技術サポートに連絡し、製造業者のウェブサイトで利用可能なフォームに記入しなければなりません。
BitMainの代理店がすべての詳細を明確にし未解決の質問に回答し請求を承認した後、デバイスを出荷することができます。

Bitmainは、2016年10月以降に製造されていれば、S9/T9/T9+/R4モデルを完全に組み立てることを推奨しています。
同社は世界中で顧客のためには香港で、また米国の顧客にはカリフォルニアで2つの修理センターを運営しています。

Bitmainは、ビットコインを採掘することに特化して設計されたASIC製品のおかげで、マイニング機械の最も成功した生産者の1つです。

中国企業は世界最大のマイニング施設の一部を管理しています。中国は長年にわたって最大のマイニング会社の本拠地となっています。電力消費の制限を含む新たな規制上のリスクにより、主要なプレイヤーはビジネスの少なくとも一部を再配置するために、よりよい都市を探すようになりました。

Bitmainはシンガポールに地域本部を設置していることが報告されています。同社はスイスにも支店を設立しました。

このほかにも同社はワシントン州に新しいデータ施設を建設しているとされています。3番目に大きいマイニングプールであるBTCトップは、カナダで鉱山農場を開くと言われています。ビアブツクの次の会社はすでに北米とアイスランドの他の場所で施設を運営しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米人気スーパーの「Trader Joe's」分散型取引所(DEX)を提訴|仮想通貨JOEも下落

米人気スーパーの「Trader Joe's」分散型取引所(DEX)を提訴|仮想通貨JOEも下落

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

暗号資産取引を可能にするWordPressプラグイン「300以上」のウェブサイトで稼働

暗号資産取引を可能にするWordPressプラグイン「300以上」のウェブサイトで稼働

米マイアミのビットコイン市長「2024年の米大統領選挙」に立候補

米マイアミのビットコイン市長「2024年の米大統領選挙」に立候補

BINANCE:分離マージン取引に「ADA・EOS・LINK」など5銘柄を追加

BINANCE:分離マージン取引に「ADA・EOS・LINK」など5銘柄を追加

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界中のコミュニティでオープンワールドメタバースを構築「The Sandbox DAO」立ち上げ

世界中のコミュニティでオープンワールドメタバースを構築「The Sandbox DAO」立ち上げ

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

英赤十字社「仮想通貨による寄付」を受け入れ|70種類以上の銘柄に対応

英赤十字社「仮想通貨による寄付」を受け入れ|70種類以上の銘柄に対応

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Aleph Zeroが発表-1秒内で証明する初のEVM互換ZKプライバシーレイヤー

Aleph Zeroが発表-1秒内で証明する初のEVM互換ZKプライバシーレイヤー

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

カルダノ(ADA)は世界的な分散型文明に「ヴォルテール時代の到来」迫る

カルダノ(ADA)は世界的な分散型文明に「ヴォルテール時代の到来」迫る

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す