【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

by BITTIMES

エックスアールピー(XRP)などをはじめとする仮想通貨のウェブウォレットおよび取引所サービスを提供している「GateHub(ゲートハブ)」と、ゲームのBOTプロバイダーである「EpicBot(エピックボット)」から合計220万アカウント分の個人情報が流出したことがセキュリティ研究者であるTroy Hunt(トロイ・ハント)氏の報告で明らかになりました。

こちらから読む:国民生活センターが「モノなしマルチ商法」について警告

パスワード・メールアドレスなどの個人情報が流出

「GateHub(ゲートハブ)」と「EpicBot(エピックボット)」から個人情報が流出したことを報告したセキュリティ研究者Troy Hunt(トロイ・ハント)氏の報告によると、「GateHub(ゲートハブ)」からは合計140万アカウント分の個人情報、「EpicBot(エピックボット)」からは約80万アカウント分のデータが流出したとされています。

今回流出した個人情報の中には、該当アカウントの「パスワード」や「メールアドレス」が含まれているものの、これら2つのデータは解読することが困難な方法で暗号化されていると説明されています。

また、被害を受けたGateHubのデータベースには「2段階認証キー」や「ハッシュ化されたウォレット情報」のほか「ニーモニックフレーズ(*1)」なども含まれていたと報告されていますが、GateHubの関係者は『これまでの調査ではウォレット情報への不正アクセスは確認されていない』と述べています。
(*1)ニーモニックフレーズ:ウォレットなどのアカウントを復元する際に使用される11〜24個の英単語のこと

GateHubは今年6月にもハッキングの被害を受けており、日本円で約10億円に相当する2,320万XRPが流出しています。今回の事件ではメールアドレスやパスワードを含めた重要な情報が多数流出していることが報告されているため、被害の対象となる可能性のあるユーザーには「関連サイトでのパスワード変更」や「フィッシング詐欺に注意すること」などの注意喚起が行われています。

GateHubは特に「エックスアールピー(XRP)」のウェブウォレットを提供する企業として知られていますが、今回の事件によるXRP価格への影響は見られておらず、記事執筆時点のXRP価格は「1XRP=27.60円」となっています。

(参照元:Ars Technica

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

Jack Dorsey:ブロックチェーンの可能性と「Twitter」への応用について語る

Jack Dorsey:ブロックチェーンの可能性と「Twitter」への応用について語る

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す