盗まれたイーサリアムが「複数ウォレット」に移動|分散型取引所で資金洗浄の可能性も

by BITTIMES

韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit(アップビット)」から大量のイーサリアム(Ethereum/ETH)を盗み出したハッカーが、盗んだ342,000ETH(約55億円相当)を別のウォレットに移動し始めたことが明らかになりました。

こちらから読む:約55億円相当のETHが流出「Upbit」がハッキング被害に

BINANCE・Huobiなど「複数のウォレット」に分散

Upbit(アップビット)から大量のイーサリアム(ETH)を盗み出したハッカーは「合計342,000ETH」を1つのウォレットに保有していましたが、先日28日にはこのETHが合計4つの異なるアドレスに分散されたことが確認されました。

盗み出されたETHは、すでに"ハッカーが盗み出したものである"ということを確認することができるようになっているため、複数の調査会社などが追跡を行なっていますが、一部のETHは「BINANCE(バイナンス)」と「Huobi(フォビ)」に送金されているため、ハッカーはこれらの取引所にETHを送金することによってその反応を伺っていると考えられています。

セキュリティ調査会社である「Peckshield」は、Upbitと直接協力して盗まれた資金を回収するための支援を行なっており、ETHが送金された4つのアドレスを識別した上でそれらのアドレスから送金される仮想通貨の監視を続けているため、ハッカーも監視に注意を払いながらETHを分散させていると考えられます。

また、BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏も「Upbitから盗まれた資金は直ちに凍結される」と述べており、Upbitを含めた業界関係者と協力して資金回収に取り組むことを発表しているため、BINANCEで盗んだETHを現金化または交換する行為は阻止されることになると予想されます。

分散型取引所などで資金洗浄される可能性

中央集権型の大手仮想通貨取引所に送金されたETHは管理会社が"口座凍結"の対応をとることによって、資金洗浄を阻止することが可能ですが、その一方では分散型取引所(DEX)などを介して資金洗浄が行われる可能性への懸念が高まっています。

分散型取引所では、取引を行うための「アカウント登録」や「個人情報提供」などを行う必要がないため、盗まれたETHの取引を阻止することが困難になります。BINANCEのジャオ・チャンポン氏も「分散型取引所で現金化するのを止めることはほぼ不可能である」と指摘していると伝えられています。

現時点では"盗まれたETHの移動先"を追跡することができていますが、今後これらのETHがさらに細かく複数のウォレットに送金され始めた場合には、それらすべてのウォレットの動きに対応することは非常に困難になります。また、ネット上には複数のミキシングサービス(*1)が存在しているため、それらのサービスを悪用するケースも想定されます。
(*1)ミキシングサービス:複数の送金データを混ぜ合わせることによって、利用者のプライバシーや匿名性を守るサービスのこと

Upbitは「盗まれたETHは同社の資産によって補償され、2週間以内には完全にサービスを再開し、全てのユーザーにETHを返金する」と説明しているため、Upbitユーザーが資産を失うことは有りませんが、"仮想通貨取引所のハッキング"に関しては今後も問題視されていくことになるでしょう。

>>「342,000ETH」が移動されたアドレスはこちら

仮想通貨を安全に保管することができる「TREZOR(トレザー)」の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

UAEの航空会社が仮想通貨決済専門サービス「Crypto Emporium」と提携

UAEの航空会社が仮想通貨決済専門サービス「Crypto Emporium」と提携

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

アート業界で必要とされる「ブロックチェーン」盗難されたピカソ作品20年ぶりに発見される

アート業界で必要とされる「ブロックチェーン」盗難されたピカソ作品20年ぶりに発見される

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

NEC×シスコ:ブロックチェーンと不正検知技術用いた「ネットワーク機器」提供へ

NEC×シスコ:ブロックチェーンと不正検知技術用いた「ネットワーク機器」提供へ

日常の買い物でビットコインが貯まる「Cheeeseショッピング」公開:マネックスクリプトバンク

日常の買い物でビットコインが貯まる「Cheeeseショッピング」公開:マネックスクリプトバンク

Tron財団:Steem基盤の分散型SNS「Steemit」と戦略的提携|サービス統合へ

Tron財団:Steem基盤の分散型SNS「Steemit」と戦略的提携|サービス統合へ

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

日本銀行「中央銀行デジタル通貨・決済システム」のフォーラム開催へ【参加者募集中】

日本銀行「中央銀行デジタル通貨・決済システム」のフォーラム開催へ【参加者募集中】

総合格闘技団体「UFC」のブロックチェーングッズ発行へ:Dapper Labs

総合格闘技団体「UFC」のブロックチェーングッズ発行へ:Dapper Labs

BINANCE:ヴェチェーン(VeChain/VET)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ヴェチェーン(VeChain/VET)の「先物取引」提供へ

道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

道路情報共有者への「IOTA/MIOTA報酬」提供を計画:ジャガーランドローバー

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す