スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

by BITTIMES

スイス最大のビジネスメディアである「Handelszeitung」は、仮想通貨や分散型台帳技術(DLT)について詳しく説明した"見開き一面記事"を公開したと伝えられています。この記事にはビットコイン(Bitcoin/BTC)のような仮想通貨を称賛するコメントも書かれています。

こちらから読む:ラストルーツ、仮想通貨交換業のライセンス取得「仮想通貨」関連ニュース

ビットコインを「驚くべき技術」として称賛

仮想通貨と分散型台帳技術(DLT)を称賛する一面記事を掲載した「Handelszeitung」は、1911年に設立されたスイス最大のビジネスメディアとして知られています。この記事は「So nutzen Sie Krypto(仮想通貨の使用方法)」というタイトルが付けられており、世界中で簡単に資産を取引・交換・送信する方法についての説明が行われています。

(画像:NEWS BTC)(画像:NEWS BTC

記事内では「ビットコイン(BTC)のような"グローバルで規制されていないオープンな仮想通貨"」と「Libra(リブラ)のような"特定の企業や国家によって管理されている仮想通貨"」の違いについての説明が行われているだけでなく、ビットコインのような技術を称賛する意見も書かれています。

ビットコインのような真のコインは、投機的な現象ではなく、他の銀行や企業に依存することなく、資産とお金を事実上保有および管理できる驚くべきテクノロジーです。

またこの記事では、スイス紙幣の代わりにスマートフォンで簡単にお金を管理することができる仮想通貨の利便性が説明されており、初心者の人々が仮想通貨を購入して適切に保管するための方法なども説明されていると伝えられているため、仮想通貨の認知度を高めるだけでなく、実際の利用者増加にも繋がると期待されています。

「ブロックチェーン先進国」として突き進むスイス

スイスは「最もブロックチェーン技術に友好的な国」としても知られており、多くの仮想通貨関連企業が拠点としているため、同国の都市ツークは別名"クリプトバレー"とも呼ばれています。

スイスの内閣に相当する「連邦参事会」は、2019年11月27日に「ブロックチェーン」と「分散型台帳技術(DLT)」に関する法的枠組みを再構築するための修正法案を公開しており、法的な確実性を高め、DLTに基づいたアプリケーションの障壁を取り除き、乱用などのリスクを減らすための取り組みを行なっています。

これはスイスが「ブロックチェーンや分散型台帳技術などの新しいテクノロジーの開発に適した国」であることを示しており、実際にLibraの運営主体である「Libra協会」もスイスを拠点としています。この改正案は2020年初頭にスイス連邦議会で審議される予定となっていますが、法案が正式に認められることになれば、スイスにおけるブロックチェーン・DLT・仮想通貨の開発・導入は急速に進むことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

ビットコイン価格、予想されていた「75万円台」に到達|今後も上昇は続くのか?

ビットコイン価格、予想されていた「75万円台」に到達|今後も上昇は続くのか?

ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「サービス開始3周年記念!3大キャンペーン」開催へ

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す