スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

by BITTIMES

スイスで最も長い歴史を持つ仮想通貨金融サービス会社である「Bitcoin Suisse」は、2019年11月8日にヨーロッパの大手決済サービス事業者である「Wordline」と提携を結び、仮想通貨決済サービスを展開していくことを発表しました。

こちらから読む:ADA用いた"セルフレジシステム"登場「仮想通貨決済」関連ニュース

「Wordline」の決済サービスに仮想通貨を統合

「Bitcoin Suisse」と「Wordline」は、スイスの店頭やウェブサイトに仮想通貨決済サービスを導入していくことを目指してパートナーシップを結びました。両社は「Wordline」が展開している決済サービスに「Bitcoin Suisse」が有している仮想通貨の専門知識や経験を取り入れることによって、幅広い企業や業界に仮想通貨決済を導入していくと説明しています。

具体的には「Wordline」の一部である、様々な言語、様々な決済手段、100種類以上の通貨に対応した「SIX Payment Services」の支払いインフラを活用して仮想通貨での支払いを実現するとされています。

今回の提携によって「Wordline」のネットワークに参加する85,000店以上の加盟店は仮想通貨決済を簡単に受け入れることができるようになるため、「Wordline」のネットワークを強化すると共に仮想通貨決済の普及も促進することができると期待されています。

「Worldline」はスイスでの展開を成功させた後に、ヨーロッパ全体で新しい仮想通貨決済サービスを展開していくとしています。

>>「Bitcoin Suisse」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

FTX「取引所再開を断念」顧客・債権者には全額返済予定

FTX「取引所再開を断念」顧客・債権者には全額返済予定

分散型金融(DeFi)次の強気相場で「CeFi」を超える可能性|BINANCE CEOが予想

分散型金融(DeFi)次の強気相場で「CeFi」を超える可能性|BINANCE CEOが予想

タイ証券取引委員会「仮想通貨決済の禁止」を発表|4月1日から規制遵守求める

タイ証券取引委員会「仮想通貨決済の禁止」を発表|4月1日から規制遵守求める

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説