下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は現在も順調に事業拡大を続けており、XRPを活用する企業も徐々に増えてきていますが、その一方でXRP価格は2018年以降の安値を更新し続けています。このような状況を見ている一部の仮想通貨トレーダーは『XRP価格は今後15円付近まで下落する可能性がある』と予想しています。

こちらから読む:音楽配信サービスベータ版公開へ「Ripple/XRP」関連ニュース

XRP価格「2017年の最安値」まで下落か

仮想通貨エックスアールピー(XRP)の価格は、2019年11月25日に22円台まで下落した後に、25円円台まで回復していたものの、現在は再び下落傾向が見られ始めています。Ripple社は順調に事業を拡大しているものの、XRP価格に関しては下落予想が増えてきており、仮想通貨トレーダーたちは今後もXRPの価格がさらに下落することになると予想しています。

Twitterで4万人のフォロワーを持つ仮想通貨トレーダー「TraderSZ(@trader1sz)」氏は、2019年11月30日のツイートで『0.266ドル(約29円)付近の価格帯を突破しない限り、XRP価格は0.135ドル(約15円)まで下落する』と語っています。

これは仮想通貨市場全体で大幅な価格高騰が見られた「2017年」の最安値付近まで下落することを意味するため、実際にこの価格帯まで下落した場合には、XRPを保有している多くの投資家に深刻な影響を与えると予想されます。

ミドルレンジを下回っている限り、XRP/USDは0.135ドルまで下落すると考えられます。

XRP価格の下落が続いていることによって、コミュニティの間ではXRPの将来を不安視する意見も出ており、Ripple社を批判する意見も見られ始めていますが、同社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、以前から『XRPの価格は気にしていない』と語っているため、今後も下落が続くのであればRipple社を批判する声が強まっていく可能性も考えられます。

ビットコイン価格も同様に下落傾向

ここ数日間のXRP価格は、ビットコイン(BTC)のチャートと同様の動きを示していますが、ビットコイン価格も先日29日に85万円付近まで回復して以降は下落が続いているため、今後もさらにBTCなどの仮想通貨と共にさらに下落していく可能性は高いと考えられます。

前回ビットコインが70万円付近で反発した際には、人気のトレーダーである「DonAlt」氏も『一時的に7,700ドル〜8,250ドル(約84万〜90万円)まで回復する可能性がある』と語っていたため、現在の動きは以前から予想されていた動きでもあります。

しかし「DonAlt」氏は先日29日のツイートで『個人的にはBTCでロングポジションを持つつもりはない』と語っているため、「DonAlt」氏もBTC価格のさらなる下落を予想していると考えられます。

仮想通貨市場では長期的に下落傾向が続いており、最近では「強気派が一掃される可能性がある」とも囁かれているため、仮想通貨を購入するタイミングには注意を払う必要があると考えられます。

2019年12月1日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先日30日に25円まで回復して以降は徐々に下落してきており、2019年12月1日時点では「1XRP=24.23円」で取引されています。

2019年11月24日〜2019年12月1日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月24日〜2019年12月1日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

ビル・ゲイツ氏「現在はビットコインに中立的」否定的な見方に変化

ビル・ゲイツ氏「現在はビットコインに中立的」否定的な見方に変化

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

GMOがビットコインのマイニングでいくら儲かるのか計算してみた

GMOがビットコインのマイニングでいくら儲かるのか計算してみた

注目度の高い仮想通貨ニュース

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す