Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は、2019年12月20日に投資会社「Tetragon(テトラゴン)」主導の資金調達ラウンドで「SBIホールディングス」や「Route 66 Ventures」などの企業から2億ドル(約218億円)の資金を調達したことを発表しました。

こちらから読む:XRP価格、一時10円台に突入「Ripple/XRP」関連ニュース

事業拡大に向け「2億ドル」の資金調達

Ripple(リップル)社は、2019年12月20日の発表で投資企業「Tetragon(テトラゴン)」が主導したシリーズCの資金調達ラウンドでSBI Holdings」や「Route 66 Ventures」などの企業から2億ドル(約218億円)の資金を調達したことを明らかにしました。

これらの資金は「Ripple社がグローバルに展開している決済事業のさらなる改善」や「仮想通貨XRP及びXRP Ledgerのさらなる普及促進」のために使用されると伝えられています。

RippleのCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、今回の資金調達について『ブロックチェーン業界で企業の成長が遅れたり、倒産する企業が現れたりしている中で、Ripple社は2019年を通して勢いを加速させ、リーダーシップを発揮している』と語っています。

RippleNet参加企業は「300社以上」に

仮想通貨XRPの価格は2017年の底値付近まで下落してきているものの、Ripple社は順調に事業拡大を続けており、同社の国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加している顧客の数は300を超えていると報告されています。RippleNetは現在、6大陸45カ国以上に顧客を有しており、70カ国以上への支払いを処理しているとのことです。

また、RippleNetが急速に成長していることによって、ネットワーク全体でのトランザクション数は前年比で10倍にまで増加しており、仮想通貨XRPを用いた国際送金ソリューションである「ODL」を使用している企業は24社以上にのぼっていると報告されています。

GarlinghouseCEOは「Fortune」とのインタビューで『Ripple社の顧客基盤は2020年に30〜40%成長し、ネットワーク上の取引量は600%以上増加するだろう』とも語っているため、Ripple社の成長は今後も続いていくことになると予想されます。

>>「Ripple社」の公式発表はこちら

2019年12月21日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月18日に19円台まで下落して以降は徐々に回復してきており、2019年12月21日時点では「1XRP=21.21円」で取引されています。

2019年12月14日〜2019年12月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月14日〜2019年12月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

IOTA財団:農業のデジタル化目指す業界団体「Future Farm」コンソーシアムと提携

IOTA財団:農業のデジタル化目指す業界団体「Future Farm」コンソーシアムと提携

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月23日〜29日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月23日〜29日

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

GTA6に仮想通貨ビットコイン登場か「BTCで報酬が支払われる」との噂が話題に

GTA6に仮想通貨ビットコイン登場か「BTCで報酬が支払われる」との噂が話題に

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

TAOTAO:新規口座開設や取引で現金がもらえる「2周年感謝Wキャンペーン」開始

TAOTAO:新規口座開設や取引で現金がもらえる「2周年感謝Wキャンペーン」開始

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

ビットフライヤー「一般向けのBraveブラウザ連携機能」提供開始|BAT受取・換金が可能に

ビットフライヤー「一般向けのBraveブラウザ連携機能」提供開始|BAT受取・換金が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す