ベトナムの国際コンテナターミナル:ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」に参加

by BITTIMES   

ベトナムのカイメップ・チーバイ国際港のコンテナターミナルである「カイメップ国際コンテナターミナル(CMIT)」は、2019年12月19日にブロックチェーン技術を用いた国際貿易プラットフォーム「TradeLens(トレードレンズ)」に参加したことを発表しました。

こちらから読む:石川県加賀市、行政サービスに技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

国際貿易における業務フローを効率化

カイメップ国際コンテナターミナル(CMIT)は、カイメップ最大のターミナルの1つとして知られており、大型船の入港ができないベトナムにおいて「ベトナム・ヨーロッパ・北米・アジア」の主要市場と接続する幹線船収容施設として機能していると伝えられています。

報道によると「CMIT」は、サプライチェーン情報をリアルタイムに共有して、国際貿易における業務フローを効率化するためにブロックチェーン基盤の国際貿易プラットフォームである「TradeLens(トレードレンズ)」への参加を決定したと伝えられています。

TradeLens(トレードレンズ)は、世界最大規模の海運企業Maersk(マースク)とIBMが「Hyperledger Fabric(ハイパーレッジャー・ファブリック)」の分散型台帳技術を用いて開発したブロックチェーン貿易プラットフォームであり、すでに「100以上の組織」と「20の港湾運営者」を迎え入れ、2億3,000万の出荷品を登録、2,000万を超えるコンテナを処理したと報告されています。

このプラットフォームを利用することによって、海運会社・政府・貿易代理店は「税関プロセスのデジタル化・認証と出荷情報の透明化・リアルタイム検証」などを行うことができるようになります。

CMITのNguyen Xuan Ky(グエン・スアン・カイ)副長は「TradeLens」がもたらす透明性や利便性を称賛しており、『透明性を備えシームレスに検証可能な貨物データは世界の海運業界にとって不可欠なものだ』と説明しています。

具体的な例としては「ベトナムから米国にシーフードコンテナを輸出するためには、10を超える組織が連携して合計30種類以上の出荷作業と貨物データを作成する必要があるため、詳細を追跡することができるプラットフォームが必要であり、グローバルサプライチェーンにおける様々な組織・段階でリアルタイムに情報共有を行うことによって、国際貿易における業務フローの効率を大幅に向上させることができる」と説明されています。

急速に規模を拡大している「TradeLens」には、日本の大手海運業者である「オーシャンネットワークエクスプレス(Ocean Network Express/ONE)」なども参加しています。

>>「TradeLens」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

Bakktのアダム・ホワイト社長「来週でバックトを離れる」と報告

Bakktのアダム・ホワイト社長「来週でバックトを離れる」と報告

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す