Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

by BITTIMES

仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」は、本人確認手続き(KYC)を行うことなく1日あたり10,000ドル(約109万円)まで出金することができる新しい口座レベル「レベル1」を発表しました。同社は新しいアカウントレベル導入に伴い、凍結されていたアカウントのロック解除にも取り組んでいます。

こちらから読む:ふるさと納税でBTCがもらえる「仮想通貨取引所」関連ニュース

メールアドレス・パスワード登録だけで取引可能に

Poloniex(ポロニエックス)は、本人確認手続き(KYC)を行わなくても「メールアドレスの認証」と「パスワードの設定」のみを行うだけで登録手続きを完了し、入金と現物取引を行うことができる新しいアカウントレベル「レベル1」を導入しました。このレベルのユーザーは「1日あたり最大10,000ドル(約109万円)までの出金」を行うことができます。

仮想通貨規制が強化されていることによって、世界各国では「仮想通貨取引所での本人確認」を義務付ける動きが強まっているため、この動きに反する今回の新制度導入には大きな注目が集まっており、一部では議論が交わされています。

Poloniexはこの決定について「身元を明かさずにPoloniexを利用したい」というユーザーの声に応えるためのものだと説明しています。

メールアドレス及びパスワード登録を完了した「レベル1」のユーザーは、
・無制限の現物取引
・無制限の入金
・1日あたり1万ドルまでの出金
・API
・ステーキング報酬
・2段階認証(2FA)
・カードでのビットコイン購入
などを行うことができるようになっており、
・出金上限の引き上げ
・証拠金取引
・貸出
などの機能は利用できない仕組みとなっています。

凍結アカウントも「レベル1」へとアップグレード

Poloniexは今回の「"レベル1"アカウント導入」に伴い、これまで"本人確認を行なっていないこと"によって凍結されていたアカウントを復旧させ、「レベル1」アカウントにアップグレードさせているため、匿名取引を可能にすることによって取引所の活性化を図っていると予想されます。

元々、米国企業「Circle(サークル)社」の子会社であったポロニエックスは今年10月にサークル社から独立することを発表しており、その後は米国向けのサービスを終了すると発表していました。

本人確認なしでの仮想通貨取引は「様々な犯罪行為につながる可能性がある」として問題視されているため、レベル1アカウントの仕組みに関しても批判の声が出ていますが、匿名取引の需要が高いことも事実であるため、Poloniexの利用者数はさらに増加することになると予想されます。

>>「Poloniex」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大学の学位証明にNEM活用した「E-Skroシステム」を導入:マレーシア教育省

大学の学位証明にNEM活用した「E-Skroシステム」を導入:マレーシア教育省

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

ロシア:暗号資産に関する初の法律「2021年1月」までには施行か=地元メディア報道

ロシア:暗号資産に関する初の法律「2021年1月」までには施行か=地元メディア報道

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

二酸化炭素・温室効果ガス削減へ|ブロックチェーン企業「Bitfury」が国連と提携

二酸化炭素・温室効果ガス削減へ|ブロックチェーン企業「Bitfury」が国連と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す