Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

by BITTIMES

Bakkt(バックト)の親会社である「インターコンチネンタル取引所(ICE)」は2019年12月23日の発表で、Bakktの前CEOであるKelly Loeffler(ケリー・ローフラー)氏の後任として、同社で最高生産責任者(CPO)を務めていたMike Blandina(マイク・ブランディナ)氏を任命したことを明らかにしました。

こちらから読む:日本STO協会、"公式ウェブサイト"を公開「仮想通貨」関連ニュース

決済分野のプロフェッショナルをCEOに任命

Bakkt(バックト)設立当初から最高経営責任者(CEO)を務めていたKelly Loeffler(ケリー・ローフラー)氏はICEに約16年間勤務していたものの、今月初めにアメリカ・ジョージア州選出の上院議員として正式に任命されたことを受けてCEOの座を退任することが発表されていました。

この発表が行われた時点では「次期CEOが誰になるか」についての発表は行われていませんでしたが、2019年12月23日には「Bakktで最高生産責任者(CPO)を務めていたMike Blandina(マイク・ブランディナ)氏が新たなCEOとして任命されたこと」が発表されました。

ICEのJeffrey Sprecher(ジェフリー・スプレッチャー)CEOは『マイクはCEOとして、Bakktの戦略的方向性・決済関連の商品・市場のチャート化・規制・財務面を監督する』と説明しています。

Mike Blandina(マイク・ブランディナ)氏は「OneMarket・Westfield・PayPalGoogle・Blackhawk Network」などといった大手企業の"決済部門"の主要な役職でリーダーシップを発揮してきた人物であるため、同氏の任命は"今後Bakktが決済分野での事業を拡大していくこと"を考慮した上での決定だと伝えられています。

Bakktは今年10月に「消費者向けの仮想通貨決済アプリ」と「商業用ポータル」を2020年上半期に公開する計画を発表しており、最初の取り組みとして「Starbucks(スターバックス)」と協力してテストを行う予定であることを明らかにしているため、2020年には本格的に仮想通貨決済関連のサービスが展開されていくことになると期待されます。

プレジデントには「Adam White氏」を任命

今回の発表では、Bakktのプレジデント(社長)として以前まで最高執行責任者(COO)を務めていたAdam White(アダム・ホワイト)氏が任命されたことも明らかにされています。同氏は以前、大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」で幹部を務めていた人物でもあるため、仮想通貨に関する幅広い専門知識を有しているとのことです。

Adam White氏は、仮想通貨投資やカストディなどといったKelly Loeffler氏が担当していた業務を引き継ぐことになると伝えられています。

ICEは今回の発表の中で「Bakktは2020年に現在の勢いに基づいて、
・新しいトレーディング製品
・拡張されたカストディサービス
・革新的な消費者向け決済アプリ
・追加のイノベーションを含む製品ロードマップ
を構築する予定だと説明しているため、今後のさらなる事業拡大にも期待が高まります。

>>「ICE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

メタバース内の文化都市開発を推進「MetaTokyo株式会社」設立|アソビシステムなど3社

メタバース内の文化都市開発を推進「MetaTokyo株式会社」設立|アソビシステムなど3社

注目度の高い仮想通貨ニュース

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

Zaif:コイン積立で「ETH・XYM・FSCC・CICC・NCXC」の5銘柄をサポート

Zaif:コイン積立で「ETH・XYM・FSCC・CICC・NCXC」の5銘柄をサポート

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す