2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は2019年も過去最高値を更新することができませんでしたが、それでも非常に収益率の高い金融商品であることが報告されています。米国の投資顧問会社「Compound Capital Advisors」の創設者兼CEOであるCharlie Bilello(チャーリー・ビレロ)氏は、BTCを含めた様々な仮想通貨やその他金融商品のリターンを比較したデータを公開し、仮想通貨の高い収益率を強調しています。

こちらから読む:仮想通貨交換業、みなし業者の数は"ゼロ"に「仮想通貨」関連ニュース

2019年、ビットコインのリターンは「+91%」

米国の投資顧問会社「Compound Capital Advisors」の創設者兼CEOであるCharlie Bilello(チャーリー・ビレロ)氏は、2019年12月28日に主要な金融商品の2019年の収益率をTwitter上で公開しました。

同氏が公開したデータでは、「Nasdaq 100・石油・S&P 500・金・米ドル」などが50%未満の収益率にとどまっているのに対して、ビットコインは90%を超える高い収益率を出していることが示されています。

2019年のビットコイン最高値は150万円ほどであったものの、最も価格が下落した2019年2月頃には35万円付近まで下落していたため、底値でBTCを購入し、最高値で売却した人は資産を約4倍ほどにまで増やしていたことになります。

仮想通貨業界で予想されていた数百万円〜数千万円までの上昇は見られなかったものの、ビットコインは依然として高いパフォーマンスを維持していると言えるでしょう。

主要仮想通貨の2019年投資収益率

Charlie Bilello氏は、各種金融商品のデータに合わせて「主要仮想通貨19銘柄の投資収益率」も公開しています。このデータによると、2019年に最も収益率が高かった仮想通貨は「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」となっており、2番目が「バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)」、3番目が「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」だと報告されています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
トロン(Tron/TRX)
ネム(NEM/XEM)
エックスアールピー(XRP/XRP)
アイオータ(IOTA/MIOTA)
ステラ(Stellar/XLM)
などのリターンはマイナスとなっているものの、これらの仮想通貨も技術開発は順調に進められており、以前に比べると社会にも広く浸透してきているため、2020年の回復にも期待が高まります。

「過去4年間の投資収益率(ROI)」で見ると、ETHやXRPは特に高いリターンを出していることも報告されているため、これらの仮想通貨の今後にも注目です。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す