コインチェック:仮想通貨の「ステーキングサービス」提供へ【国内取引所初】

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」は、2020年1月9日にリスク(Lisk/LSK)のステーキングサービスを"ベータ版"として提供することを発表しました。日本国内の仮想通貨取引所がステーキングサービスを提供するのは今回が初であり、LSKのステーキングサービスは世界初だと伝えられています。

こちらから読む:SBI・GMO、大規模マイニング施設に参加か「国内ニュース」

Coincheckが提供する「ステーキングサービス」とは?

Coincheck(コインチェック)は、2020年1月20日に仮想通貨のステーキングサービス提供に向けた実証実験の一環として「仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のステーキングサービス」をベータ版として提供すると発表しました。

Liskは「DPoS(Delegated Proof of Stake)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しているため、LSK保有者には保有量に応じた"投票権"が割り当てられており、投票によってブロック承認者が決定される仕組みとなっています。

投票によって選ばれたブロック承認者(デリゲート)は「ビットコインマイナー」のように報酬を獲得することができますが、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)関連のコンセンサスアルゴリズムを採用しているブロックチェーンでは、ブロック承認者に投票を行なった"仮想通貨保有者"にも保有量に応じた報酬が支払われます。

より簡単に説明すると、ステーキングサービスは「対象となる仮想通貨を保有している人々が"取引の承認・ブロックの生成を行う代表者"に投票することによって、一定額の報酬を得ることができるサービス」ということになります。

今後は「その他の仮想通貨」にも対応予定

コインチェックが開始する「ステーキングサービス」は、"同社の取引アカウントで1日あたり平均10LSK以上を保有している、もしくは貸仮想通貨アカウントで貸出中でないLSKを1日あたり平均10LSK以上保有しているユーザー"を対象に提供されることになっており、投票を行ったブロック承認者が"上位101位まで"に選出された場合に報酬の一部を受け取ることができる仕組みとなっています。

報酬獲得の対象となったユーザーには「報酬として配布されたLSKから手数料を差し引いた数量のLSK」が毎週水曜日に付与されるとのことです。

コインチェックは今回のステーキングサービス提供にあたり『仮想通貨投資に新たな価値を提供し、ブロックチェーンネットワークの発展とセキュリティの向上に貢献する』と説明しています。

現時点でコインチェックのステーキングサービスに対応している仮想通貨は「LSKのみ」となっていますが、将来的にはその他の仮想通貨にも対応していく予定だと説明されているため、今後の発表も注目が集まります。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

「ステーキングサービス」の提供を開始する仮想通貨取引所Coincheckの登録はこちらからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タイ最大の映画館「Major Cineplex」仮想通貨決済に対応|利用可能店舗拡大も予定

タイ最大の映画館「Major Cineplex」仮想通貨決済に対応|利用可能店舗拡大も予定

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)一般口座受付間近か

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)一般口座受付間近か

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す