【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の技術開発を行なっているブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の共同設立者であるAndrew Keys(アンドリュー・キース)氏は、コンセンシスのサイトで公開された2020年予想の中で『イーサリアム2.0に向けた大型アップデート「Serenity(セレニティ)」は2020年に実施される』と予想しています。

こちらから読む:ジョン・マカフィー氏もETH推し?「イーサリアム」関連ニュース

2020年はイーサリアムの技術開発が進む?

Andrew Keys(アンドリュー・キース)氏は、2020年1月7日に「ConsenSys(コンセンシス)」の公式サイトで"2020年の予想"を公開し、『2020年にはイーサリアム2.0がフェーズ0を超えて"フェーズ1"に移行し、シェードチェーンが開始される』との予想を語っています。

イーサリアムは現在、ビットコインと同じプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用していますが、イーサリアム2.0ではプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる仕組みへと段階的に移行していくことが予定されています。

イーサリアムはPoSへと完全移行する前に"PoWとPoSのハイブリッドモデル"を経由する手順を採用していますが、PoSへの移行が完了すると、先日「Coincheck(コインチェック)」が国内で初めてサービスを提供すると発表して話題となった「ステーキング」が可能になるため、より多くの人々がイーサリアムで利益を得ることができるようになると期待されます。

PoSは、仮想通貨保有者に"取引承認・ブロック生成を行う代表者"に投票(委任)する権利が与えられ、代表者に委任することによってブロック生成の報酬を受け取ることができる仕組みとなっているため、従来のマイニングのように専門的な知識や高価な機械を有していなくてもネットワークの運営をサポートして報酬を獲得できるようになっています。

また、PoSはマイニングにかかる電力を削減したり、51%攻撃の可能性を低減させたりすることもできると期待されているため、イーサリアムの性能が大幅に向上すると期待されています。

コンセンシスが2019年前半に公開したロードマップでは「セレニティのフェーズ0は2019年末までに実装される予定」とされていましたが、現時点での開発はこのロードマップよりも遅れており、一部の専門家は「フェーズ0の実装は2020年第4四半期になる妥当」と語っているため、実際にイーサリアム2.0が2020年内に開始されるかは定かではないものの、コンセンシスはイーサリアムの技術開発に深く関わっている企業でもあるため、キース氏の予想には注目が集まっています。

>>「Andrew Keys氏の予想」はこちら

2020年1月11日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月18日に13,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年1月11日時点では「1ETH=15,700円」で取引されています。

2019年12月12日〜2020年1月11日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月12日〜2020年1月11日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

元IOHKの主力エンジニア、カルダノ関連開発企業「dcSpark」に入社

元IOHKの主力エンジニア、カルダノ関連開発企業「dcSpark」に入社

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す