【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の技術開発を行なっているブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」の共同設立者であるAndrew Keys(アンドリュー・キース)氏は、コンセンシスのサイトで公開された2020年予想の中で『イーサリアム2.0に向けた大型アップデート「Serenity(セレニティ)」は2020年に実施される』と予想しています。

こちらから読む:ジョン・マカフィー氏もETH推し?「イーサリアム」関連ニュース

2020年はイーサリアムの技術開発が進む?

Andrew Keys(アンドリュー・キース)氏は、2020年1月7日に「ConsenSys(コンセンシス)」の公式サイトで"2020年の予想"を公開し、『2020年にはイーサリアム2.0がフェーズ0を超えて"フェーズ1"に移行し、シェードチェーンが開始される』との予想を語っています。

イーサリアムは現在、ビットコインと同じプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用していますが、イーサリアム2.0ではプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる仕組みへと段階的に移行していくことが予定されています。

イーサリアムはPoSへと完全移行する前に"PoWとPoSのハイブリッドモデル"を経由する手順を採用していますが、PoSへの移行が完了すると、先日「Coincheck(コインチェック)」が国内で初めてサービスを提供すると発表して話題となった「ステーキング」が可能になるため、より多くの人々がイーサリアムで利益を得ることができるようになると期待されます。

PoSは、仮想通貨保有者に"取引承認・ブロック生成を行う代表者"に投票(委任)する権利が与えられ、代表者に委任することによってブロック生成の報酬を受け取ることができる仕組みとなっているため、従来のマイニングのように専門的な知識や高価な機械を有していなくてもネットワークの運営をサポートして報酬を獲得できるようになっています。

また、PoSはマイニングにかかる電力を削減したり、51%攻撃の可能性を低減させたりすることもできると期待されているため、イーサリアムの性能が大幅に向上すると期待されています。

コンセンシスが2019年前半に公開したロードマップでは「セレニティのフェーズ0は2019年末までに実装される予定」とされていましたが、現時点での開発はこのロードマップよりも遅れており、一部の専門家は「フェーズ0の実装は2020年第4四半期になる妥当」と語っているため、実際にイーサリアム2.0が2020年内に開始されるかは定かではないものの、コンセンシスはイーサリアムの技術開発に深く関わっている企業でもあるため、キース氏の予想には注目が集まっています。

>>「Andrew Keys氏の予想」はこちら

2020年1月11日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月18日に13,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年1月11日時点では「1ETH=15,700円」で取引されています。

2019年12月12日〜2020年1月11日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月12日〜2020年1月11日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Coinbase:カストディサービスにADA・XRP・EOSなど40種類の仮想通貨追加を検討

Coinbase:カストディサービスにADA・XRP・EOSなど40種類の仮想通貨追加を検討

Huobi Global:安定仮想通貨4銘柄の追加を発表 ー ステーブルコインの競争激化

Huobi Global:安定仮想通貨4銘柄の追加を発表 ー ステーブルコインの競争激化

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

Cardano財団:4大会計事務所「PwC」と連携|商用化戦略展開へ

Cardano財団:4大会計事務所「PwC」と連携|商用化戦略展開へ

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す