2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)はビットコイン(Bitcoin/BTC)に次ぐ"時価総額ランキング2位の仮想通貨"として知られていますが、Twitterで13万人以上のフォロワーを持つ著名投資家のIan Balina(イアン・バリナ)氏は『2020年にETHは時価総額でBTCを超える』と語っています。

こちらから読む:楽天ポイントとETHの交換が可能に「イーサリアム」関連ニュース

「イーサリアムの急成長」を予想:Ian Balina

Token Metricsの創設者兼CEOでありながら、仮想通貨投資家・起業家・映画制作者など幅広い顔をもち、Twitterで13万人以上のフォロワーを有する著名なインフルエンサーとしても知られているIan Balina(イアン・バリナ)氏は、2019年12月31日のツイートで『イーサリアムの時価総額は2020年にビットコインを上回る』との予想を語りました。

予測:イーサリアムは2020年に時価総額でビットコインを上回るでしょう。

これは避けられません。

BTC至上主義の方々には申し訳ありませんが、最後に勝つのはETHです。

「CoinMarketCap」のデータによると、ビットコインの時価総額は記事執筆時点で「約14兆2,530億円」であるのに対して、イーサリアムの時価総額は「約1兆5,510億円」となっているため、イアン氏の予測が正しければイーサリアムの時価総額は現在の10倍ほどにまで増加することになります。

イアン氏は「成長を続けるイーサリアムコミュニティ、絶え間ないイノベーション、分散型金融(DeFi)とステーブルコインの発展」などに基づいてイーサリアムのさらなる発展を予想しており、"ビットコインネットワークにはリーダーシップと革新が欠けている"と指摘しています。

大手企業などで技術採用が進むイーサリアム

イーサリアムは時価総額ではビットコインに劣っているものの、その技術自体は非常に多くの企業で活用されており、最近の報告では欧州サッカー連盟(UEFA)がイーサリアムブロックチェーンを用いてチケットをトークン化することを発表している他、NIKE(ナイキ)がイーサリアムブロックチェーンを用いてスニーカーをトークン化する技術の特許を取得したことなども明らかになっています。

また分散型アプリケーション(DApps)の分野でも非常に多くのアプリがイーサリアムブロックチェーン上で開発されており、IKEABoschLVMHなどといった非常に多くの大手企業もイーサリアムの技術を採用しているため、今後も長期的にイーサリアムが普及していく可能性は高いと考えられます。

イーサリアムは2018年12月頃に時価総額ランキングで一時的に3位まで下落したものの、その後は再び2位まで回復し、3位のXRPとも大きな差をつけているため、2020年のさらなる成長には期待が高まります。

2020年1月1日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月18日に13,000円付近まで下落したものの、その後はやや回復して来ており、2020年1月1日時点では「1ETH=14,206円」で取引されています。

2019年11月2日〜2020年1月1日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月2日〜2020年1月1日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

GTA6に仮想通貨ビットコイン登場か「BTCで報酬が支払われる」との噂が話題に

GTA6に仮想通貨ビットコイン登場か「BTCで報酬が支払われる」との噂が話題に

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す