2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術は現在、様々な業界で積極的に活用され始めており、大小問わず非常に多くの企業がブロックチェーン関連の技術者を募集しています。世界最大級のビジネス特化型SNS「Linkedin(リンクトイン)」が行なった最新の調査では『ブロックチェーン技術は"2020年に最も需要があるハードスキル"』だという結果が出ていると報告されています。

こちらから読む:ゲーム開発大手、BC関連の新興企業を募集「Blockchain」関連ニュース

2020年に最も需要があるハード・ソフトスキル

Linkedin(リンクトイン)は2020年1月9日のブログ記事で『2020年に最も需要があるハード・ソフトスキル』という記事を公開し、1年前の調査ではリストにあがっていなかった"ブロックチェーン技術"が「2020年最も需要のあるハードスキル」のトップにランクインしたことを報告しました。

この調査では、求人の供給に対して需要が高かったものが選ばれており、需要は最も高いレートで雇用されているLinkedinユーザーのプロフィールに記載されているスキルを識別することによって測定されています。なお、この調査は「10万人以上のLinkedinユーザーがいる都市のみ」を対象としているとのことです。
ハードスキルのトップ10は以下のような内容となっています。
1位:ブロックチェーン
2位:クラウド・コンピューティング
3位:分析的思考
4位:人工知能(AI)
5位:UXデザイン
6位:ビジネスアナリシス
7位:アフィリエイトマーケティング
8位:セールス
9位:科学コンピューティング
10位:動画作成

(画像:Linkedin)(画像:Linkedin)

今回の報告において「ハードスキル」とは"特定のタスクを実行する従業員の能力に関するもの"であり、「ソフトスキル」は"それを行うための適応・コラボレーション・問題解決・意思決定を行う方法に関するもの"だと説明されています。

具体的には、ハードスキルには「ソフトウェア開発・税務会計・特許法の専門知識などの専門知識と技術的能力」、ソフトスキルには「行動と思考・個人の特性・認知スキル」に関するものが含まれるとされています。

Microsoft・Amazonなどの大手企業も技術活用

Linkedinはブロックチェーン技術が「アメリカイギリスフランスドイツオーストラリア」で最も高い需要を獲得していると報告しており、この技術が「IBMJPMorgan ChaseMicrosoftAmazon・Oracle・American Express」などといった大手企業にとっても重要な技術になってきていることを強調しています。

実際にブロックチェーン関連の求人募集は世界中で増えており、昨年はNASA(アメリカ航空宇宙局)の無人探査機などの研究開発及び運用に携わる研究所である「ジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)」も、仮想通貨やブロックチェーン技術の知識・経験を有しているデータサイエンティストを募集していました

ブロックチェーン技術は現在、世界中の企業で研究開発が進められているため、今後もブロックチェーン関連の技術者を求める企業は増加していくことになると予想されます。

(参照元:Linkedin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トヨタ研究所=元CFO:自動車業界における「ブロックチェーンの実用性」を語る

トヨタ研究所=元CFO:自動車業界における「ブロックチェーンの実用性」を語る

Braveブラウザ:ブロックチェーン基盤のオンライン百科事典「Everipedia」と提携

Braveブラウザ:ブロックチェーン基盤のオンライン百科事典「Everipedia」と提携

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

ジンバブエ中央銀行が仮想通貨のあらゆる取引を禁止|批判の声も

Air France KLM:ブロックチェーンで情報管理・コスト削減へ ー Winding Treeと提携

Air France KLM:ブロックチェーンで情報管理・コスト削減へ ー Winding Treeと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

Enjin:ARプラットフォーム「MetaverseMe」と提携|ファッションNFTを拡張現実世界に

Enjin:ARプラットフォーム「MetaverseMe」と提携|ファッションNFTを拡張現実世界に

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す