コインチェックから流失したNEMの追跡を停止|NEM財団

by BITTIMES

NEM財団は、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)から流出した仮想通貨ネム(NEM/XEM)の動きを追跡するために使用していた「モザイク」と呼ばれる技術を3月18日に無効化したことを発表しました。無効化した理由は明らかにされていません。

NEM財団のロン・ウォン(Lon Wong)氏は次のようにコメントしています。

"今回の取り組みの結果、盗難XEMを換金しようとするハッカーの動きを効果的に抑え、法的機関に対しても有益な情報を提供することが出来ました"

"非営利団体として、私達はNEMブロックチェーンソリューションの開発と導入を推進することに全力を尽くしています。分散型NEMプロトコルは非常に安全で、設計通り機能しています"

今回のネムが流出した原因は、仮想通貨取引所であるコインチェックがハッキングされたことによって起こったことであるため、NEMのセキュリティに問題があった訳ではありません。NEM財団は、今回の事件が発生した直後から、実際に迅速な対応をとっておりその後の捜査に大きく貢献しています。

またウォン氏は「捜査の特性上、これ以上の詳細情報を公開する計画はない」とも語っています。

流出したNEMの行方については、犯人により匿名性の高いWebサイトで販売され、全体のおよそ半数が、ビットコインや他の仮想通貨に交換された疑いがあるとのことです。資金洗浄を目的としているとみられており、現金化されている可能性などもあったため、ネムの追跡や回収は非常に困難な状況となっていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

【速報】コインチェックが一部の仮想通貨の出金、売却を再開

【速報】コインチェックが一部の仮想通貨の出金、売却を再開

注目度の高い仮想通貨ニュース

セントラリティ(CENNZ)ニュースまとめ|2018年6月

セントラリティ(CENNZ)ニュースまとめ|2018年6月

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

ジョン・マカフィーが報酬5,000ドルで犯人追跡!

ジョン・マカフィーが報酬5,000ドルで犯人追跡!"あの"話題も再浮上

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す