コインチェックから流失したNEMの追跡を停止|NEM財団

by BITTIMES

NEM財団は、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)から流出した仮想通貨ネム(NEM/XEM)の動きを追跡するために使用していた「モザイク」と呼ばれる技術を3月18日に無効化したことを発表しました。無効化した理由は明らかにされていません。

NEM財団のロン・ウォン(Lon Wong)氏は次のようにコメントしています。

"今回の取り組みの結果、盗難XEMを換金しようとするハッカーの動きを効果的に抑え、法的機関に対しても有益な情報を提供することが出来ました"

"非営利団体として、私達はNEMブロックチェーンソリューションの開発と導入を推進することに全力を尽くしています。分散型NEMプロトコルは非常に安全で、設計通り機能しています"

今回のネムが流出した原因は、仮想通貨取引所であるコインチェックがハッキングされたことによって起こったことであるため、NEMのセキュリティに問題があった訳ではありません。NEM財団は、今回の事件が発生した直後から、実際に迅速な対応をとっておりその後の捜査に大きく貢献しています。

またウォン氏は「捜査の特性上、これ以上の詳細情報を公開する計画はない」とも語っています。

流出したNEMの行方については、犯人により匿名性の高いWebサイトで販売され、全体のおよそ半数が、ビットコインや他の仮想通貨に交換された疑いがあるとのことです。資金洗浄を目的としているとみられており、現金化されている可能性などもあったため、ネムの追跡や回収は非常に困難な状況となっていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月4日〜10日

【速報】コインチェックが流出したNEMの補償について発表

【速報】コインチェックが流出したNEMの補償について発表

仮想通貨ネム【NEM】175倍に高騰中!今後さらに爆上げの理由

仮想通貨ネム【NEM】175倍に高騰中!今後さらに爆上げの理由

コインチェックは匿名通貨3種類を取り扱い中止に向けて調整中

コインチェックは匿名通貨3種類を取り扱い中止に向けて調整中

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

金融庁が大手仮想通貨取引所3社に業務改善命令

金融庁が大手仮想通貨取引所3社に業務改善命令

注目度の高い仮想通貨ニュース

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す