二酸化炭素・温室効果ガス削減へ|ブロックチェーン企業「Bitfury」が国連と提携

by BITTIMES

仮想通貨マイニングブロックチェーン関連のサービスを提供している「Bitfury(ビットヒューリー)」は、カザフスタンの森林を保護し、二酸化炭素を削減することを目的としたプロジェクトで「国連開発計画(UNDP)」と提携する予定だと伝えられています。

こちらから読む:IOTA技術でリサイクルを推進「環境問題」関連ニュース

森林保護で「CO2排出量を100%相殺」

Bitfury(ビットヒューリー)」と「国連開発計画(UNDP)」は、カザフスタンが2016年のパリ協定で公約を交わした『今後10年間で温室効果ガスを15%削減する』という目標を達成するために、カザフスタンのパヴロダル地域で森林地帯を作成していくことを計画していると伝えられています。両者は今月中にもカザフスタンの生態・地質・天然資源省と同意書に署名する予定だと報じられています。

カザフスタンは現在なんらかの形で保護された2,900万ヘクタールの森林を所有しているものの、その大部分は「違法伐採・森林火災・土地利用」などの脅威に脅かされており、一部の森林地帯は州の森林基金から除外されていると報告されています。

BitfuryとUNDPが推進するプロジェクトは、ビットフューリーの二酸化炭素(CO2)排出量を補うために20ヘクタールの森林地帯を作成することから始められる予定となっており、これによって二酸化炭素排出量が100%〜110%相殺されると期待されています。

また、プロジェクトの中には「所有者のいない森林地帯の地図を作成し、消防設備を導入すること」なども含まれていると説明されているため、森林火災などの被害を抑えることにも繋がると期待されます。

環境問題改善に向けて

BitfuryとUNDPが推進するこれら一連のプロジェクトは、UNDPが推進している「生物多様性資金イニシアチブ(BIOFIN)」の一環であり、カザフスタンの法律を通じて森林管理の方法を改善し、二酸化炭素排出量を削減する方法について国民の意識を高めることも支援するとされています。

カザフスタンは「2050年までに代替エネルギーと再生可能エネルギーからエネルギーの50%を生成する」という目標を設定しており、国連の支援を受けて過去5年間で住宅を加熱するための年間エネルギー消費を25〜45%削減したと報告されていますが、仮想通貨のマイニングは大量の電力を消費するため「環境問題の悪化に繋がる」と批判する意見も出ています。

しかし、別の報告では「ビットコインマイニングの74.1%は再生可能エネルギーを使用している」とも報告されているため、環境に優しい電力を使用しながら今回のような森林保護の取り組みを進めることによって、環境問題は大幅に改善すると期待されます。

(参照元:The Astana Times

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

コインチェック:NFTマーケットプレイス事業でBCゲーム「CryptoSpells」と連携

コインチェック:NFTマーケットプレイス事業でBCゲーム「CryptoSpells」と連携

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

Blockchain Smartphone「FINNEY」のデザイン公開!SIRIN LABS

Blockchain Smartphone「FINNEY」のデザイン公開!SIRIN LABS

注目度の高い仮想通貨ニュース

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

暗号資産取引所CoinBest「販売所におけるBTC・ETH現物取引サービス」提供開始

暗号資産取引所CoinBest「販売所におけるBTC・ETH現物取引サービス」提供開始

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す