Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

by BITTIMES

仮想通貨Libra(リブラ)の運営主体である「Libra協会」からイギリスの大手携帯電話事業者「Vodafone(ボーダフォン)」が離脱したことが複数メディアの報道で明らかになりました。同社は今後、関連企業と共に展開しているモバイル決済サービス「M-Pesa(エムペサ)」の事業に注力しながら、Libra協会の動きを注視していくと説明しています。

こちらから読む:独立した"技術運営委員会"を設立「Libra」関連ニュース

「将来的に連携する可能性」は排除せず

Vodafone(ボーダフォン)は「Libra協会」に初期から参加している大手企業の1社でしたが、先日21日にはLibra協会から脱退したことが明らかになりました。同社はLibra協会からの脱退を認めているものの『引き続きリブラ協会の開発を注視し、将来連携する可能性は排除しない』と説明しています。

「金融包摂の拡大に貢献すること」を掲げているボーダフォンは、今後の取り組みとして同社関連企業が2007年にアフリカで立ち上げたモバイル決済サービス「M-Pesa(エムペサ)」の事業に注力することによって、引き続き"金融包摂の拡大"に貢献していくと説明しています。

コインテレグラフの報道によると、Libra協会のポリシーおよびコミュニケーション責任者であるDante Disparte(ダンテ・ディスパルテ)氏は『協会の参加メンバーは時間と共に変化していく可能性があるが、リブラのガバナンスとテクノロジーの設計によってLibraの決済システムは弾力性を維持していく』と語ったと報告されています。

協会のメンバーの攻勢は時間とともに変化する可能性がありますが、Libraのガバナンスとテクノロジーの設計によって、リブラの支払いシステムは弾力性を維持していきます。

Libra協会は引き続き「安全で透明性の高い消費者フレンドリーなリブラ決済システムの導入」を目指して取り組みを進めていきます。

Libra協会メンバーは「合計20社」に

Libra協会には昨年時点で世界的に影響力を持つ複数の大手企業が参加すると報告されていましたが、その後は世界各国の規制当局や政府関係者がLibraに対して"懐疑的な見解"を示しており、規制当局から参加企業に対して厳しい審査の目が向けられるようになったため、これまでにも複数の企業が正式に"協会離脱"を発表しています。

これまでの報告では、
PayPal(ペイパル)
VISA(ビザ)
Mastercard(マスターカード)
・eBay(イーベイ)
・Stripe(ストライプ)
・Mercado Pago(マーカドパゴ)
・Booking Holdings(ブッキング・ホールディングス)
などが脱退したことが報告されており、今回の"Vodafone離脱"によってLibra協会の参加メンバーは20社となっています。

しかし、昨年10月には「すでに1,500以上の組織が"Libra協会への参加"に関心を示しており、180の組織は協会に参加するための基準を満たしている」と報告されていたため、今後は新たな企業の参加が発表されていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

トロンの「niTROn Summit 2019」にNBAのレジェンドKobe Bryant氏が登壇

トロンの「niTROn Summit 2019」にNBAのレジェンドKobe Bryant氏が登壇

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す