Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

by BITTIMES

仮想通貨Libra(リブラ)の運営主体である「Libra協会」は、2019年11月15日にLibraテストネットの進捗状況を報告し、「過去5ヶ月間で急速に成長している」と報告しました。今回の発表ではLibraネットワークの機能をテストすることができる「プレメインネット」を立ち上げたことも発表されています。

こちらから読む:Facebook、新たな決済サービスを発表「Libra」関連ニュース

成長を続ける「Libraネットワーク」

Libra協会の報告によると、Libraのテストネットは51,000を超えるトランザクションを記録しており、34のプロジェクトをテストネット上で開発したと説明されています。この34のプロジェクトの中には「10のウォレット」と「11のブロックチェーンエクスプローラー」などが含まれています。

Libraが正式に発表された直後には、SNSトレードプラットフォーム「eToro(イートロ)」が"Libraブロックチェーンを用いた資産のトークン化"に成功したと報告されていましたが、今回の発表では『テストネットの開始からわずか7週間で34のプロジェクトが立ち上げられた』と報告されています。

順調にネットワークが拡大していることを報告しているLibra協会は、現在開発者の人々に対してLibraネットワークの機能をテストすることを促しています。

Libraのテストに役立つ「プレメインネット」公開

Libra協会は今回、Libraネットワークの機能をデモンストレーションし、世界中の開発者に早期アクセスを提供するための「プレメインネット」を立ち上げたことも発表しています。プレメインネットでは現在7つのノードが稼働しており、14のノードが処理中だと説明されています。

開発者の人々は「プレメインネット」を利用することによって、ソフトウェアエッジケース(境界ぎりぎりの特別なケース)のテスト、トラブルシューティング、診断、解決をより簡単かつ迅速に行うことができるとのことです。

Libra協会はメインネット公開時に100のノードを展開することを計画しており、今回の発表では2020年には「ノードを実装する技術チームを持たない組織のためのサポート」も提供する予定だと説明されています。

仮想通貨「Libra」に関してはすでに複数の国や政府関係者が「排除・阻止」に向けて動き出していることが報告されていますが、Libra協会は現在も順調に開発を続けているため、今後もLibraに関する議論は続けられていくことになると予想されます。Libra協会の発表によると、最初のロードマップは2019年内にも完成する予定だとされています。

>>「Libra協会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

注目度の高い仮想通貨ニュース

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【速報】BCH・BSV「価格急騰」半減期目前にして大幅回復

【速報】BCH・BSV「価格急騰」半減期目前にして大幅回復

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

NEMの新ブロックチェーン「Symbol」近日中にロードマップ公開へ

NEMの新ブロックチェーン「Symbol」近日中にロードマップ公開へ

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す