ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

by BITTIMES   

独自のブロックチェーン技術「Grid Ledger System(GLS)」を開発している「株式会社アーリーワークス(early works)」は、2020年1月22日に「日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)」と協力してブロックチェーン技術を活用した超高速次世代型ハイブリッドデータベース「SmokeDB」の構想実現に向けた共同研究を2020年1月から開始することを発表しました。

こちらから読む:開発が活発なBCランキング公開「ブロックチェーン」関連ニュース

超高速次世代型ハイブリットデータベース「SmokeDB」

(画像:アーリーワークス)(画像:アーリーワークス)

「株式会社アーリーワークス」と「日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)」が共同研究を開始する「SmokeDB」は、アーリーワークス社が開発した独自のブロックチェーン基盤「Grid Ledger System(GLS)」を活用した"超高速次世代型ハイブリットデータベース"だと説明されています。

このデータベースは「高い改ざん耐性や情報の透明性を低コストで実現するブロックチェーンの優位性」と「従来のデータベースインタフェース追従」によって、金融分野以外で簡単にブロックチェーン技術を導入できる方法を提供するとされています。

具体的には、データ管理を行う際に複数のサーバー間で相互に情報通信を行い、ネットワークに流れる情報を持ち合うことによって、「システム障害に対する高い耐性」と「高度なセキュリティ」を合わせ持った安定的なデータサービスの運用・提供が可能になるとのことです。

データベース業界の重要課題解決へ

データベース業界では「テクノロジーの高度化」や「情報量の増加」によってランニングコストが増加している他、「サイバー攻撃の多様化・高度化」によって対策コストも増大してきています。

現在一般的に利用されているクラウドサービスなどではこのような問題に対処するための様々な対策が行われていますが、クラウドサービスでデータを管理した場合には万が一がシステムが停止した場合に発生する問題も多く、今後さらに実用化が進むと予想される「5GIoTAI」などに対応する際に高額な費用が発生する可能性があるなどの課題が潜んでいます。

今回両社が共同研究を開始する「SmokeDB」はこのような課題を解決することができるように設計されており、将来開発が進められる高度なアプリケーションの基盤になると期待されています。

共同研究における各社の役割

「SmokeDB」の共同研究では、アーリーワークス社が「オリジナルアーキテクトによるブロックチェーン技術を駆使した超高速ブロックチェーン基盤(GLS)の提供および実現方式の検討」を行い、NEC通信システム社が「通信技術とデータベース技術を活用し、GLSと掛け合わせる事による新たな分散型データベース構造の検討」を行うと説明されています。

また両社で協力して「SmokeDB全体に最適化したシステムアーキテクチャの研究・開発及び実証実験に向けた実現方式の最終確認を実施する」とも説明されています。

今回の発表では、2020年1月23日〜24日にかけて"東京ビッグサイト"で開催される「DOCOMO Open House 2020」で、SmokeDBを活用して開発を行った"チケット転売防止システム"のプロトタイプが展示されることも発表されています。

>>「アーリーワークス社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Operaブラウザ:トロン(Tron/TRX)など「複数のブロックチェーン」対応へ

Operaブラウザ:トロン(Tron/TRX)など「複数のブロックチェーン」対応へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

ロシア・モスクワ「ブロックチェーン電子投票システム」を活用|憲法改正の国民投票で

ロシア・モスクワ「ブロックチェーン電子投票システム」を活用|憲法改正の国民投票で

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

チュニジア中央銀行:ブロックチェーン用いた「デジタル通貨発行」を計画

チュニジア中央銀行:ブロックチェーン用いた「デジタル通貨発行」を計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す