ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

by BITTIMES   

独自のブロックチェーン技術「Grid Ledger System(GLS)」を開発している「株式会社アーリーワークス(early works)」は、2020年1月22日に「日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)」と協力してブロックチェーン技術を活用した超高速次世代型ハイブリッドデータベース「SmokeDB」の構想実現に向けた共同研究を2020年1月から開始することを発表しました。

こちらから読む:開発が活発なBCランキング公開「ブロックチェーン」関連ニュース

超高速次世代型ハイブリットデータベース「SmokeDB」

(画像:アーリーワークス)(画像:アーリーワークス)

「株式会社アーリーワークス」と「日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)」が共同研究を開始する「SmokeDB」は、アーリーワークス社が開発した独自のブロックチェーン基盤「Grid Ledger System(GLS)」を活用した"超高速次世代型ハイブリットデータベース"だと説明されています。

このデータベースは「高い改ざん耐性や情報の透明性を低コストで実現するブロックチェーンの優位性」と「従来のデータベースインタフェース追従」によって、金融分野以外で簡単にブロックチェーン技術を導入できる方法を提供するとされています。

具体的には、データ管理を行う際に複数のサーバー間で相互に情報通信を行い、ネットワークに流れる情報を持ち合うことによって、「システム障害に対する高い耐性」と「高度なセキュリティ」を合わせ持った安定的なデータサービスの運用・提供が可能になるとのことです。

データベース業界の重要課題解決へ

データベース業界では「テクノロジーの高度化」や「情報量の増加」によってランニングコストが増加している他、「サイバー攻撃の多様化・高度化」によって対策コストも増大してきています。

現在一般的に利用されているクラウドサービスなどではこのような問題に対処するための様々な対策が行われていますが、クラウドサービスでデータを管理した場合には万が一がシステムが停止した場合に発生する問題も多く、今後さらに実用化が進むと予想される「5GIoTAI」などに対応する際に高額な費用が発生する可能性があるなどの課題が潜んでいます。

今回両社が共同研究を開始する「SmokeDB」はこのような課題を解決することができるように設計されており、将来開発が進められる高度なアプリケーションの基盤になると期待されています。

共同研究における各社の役割

「SmokeDB」の共同研究では、アーリーワークス社が「オリジナルアーキテクトによるブロックチェーン技術を駆使した超高速ブロックチェーン基盤(GLS)の提供および実現方式の検討」を行い、NEC通信システム社が「通信技術とデータベース技術を活用し、GLSと掛け合わせる事による新たな分散型データベース構造の検討」を行うと説明されています。

また両社で協力して「SmokeDB全体に最適化したシステムアーキテクチャの研究・開発及び実証実験に向けた実現方式の最終確認を実施する」とも説明されています。

今回の発表では、2020年1月23日〜24日にかけて"東京ビッグサイト"で開催される「DOCOMO Open House 2020」で、SmokeDBを活用して開発を行った"チケット転売防止システム"のプロトタイプが展示されることも発表されています。

>>「アーリーワークス社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games

NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games

仮想通貨取引所「OKCoinJapan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「OKCoinJapan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

金融庁:仮想通貨ICO規制さらに明確化|2019年には「金融商品取引法」など改正へ

金融庁:仮想通貨ICO規制さらに明確化|2019年には「金融商品取引法」など改正へ

Coincheck IEO開始記念:1万円相当のPLTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

Coincheck IEO開始記念:1万円相当のPLTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す