金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

by BITTIMES

金融庁は本日3月23日に、香港を拠点とする仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を「無登録で仮想通貨交換業を行う者」として正式に公表しました。罪状については「インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、仮想通貨交換業を行っていたもの」と記されています。

先日、日本経済新聞が報じた「金融庁がBinanceに対して警告を行う方針である」という件に関して金融庁からの正式な発表はされていませんでしたが、本日3月23日に金融庁は公式ホームページでこの内容を正式に公表しました。

金融庁 Binance 警告

先日の報道を受けたBinanceのCEOであるCZ氏は、ツイッター上で次のように発言していました。

「日経新聞は無責任なジャーナリズムだ。我々は日本金融庁と建設的な対談中で、なにも命令を受けていません。金融庁と建設的な対談中にも関わらず、我々に来る前に新聞社に情報を伝えることは道理にかなっていません。」

今回の発表で正式に警告を受けることとなったBinanceの今後の対応に注目が集まります。

また「インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、仮想通貨交換業を行っている」のはバイナンスだけではなく、海外の仮想通貨取引所全体で見ると約200社の取引所が該当する事となるため、その他の取引所に対する対応にも今後の注目が集まります。

(引用元:金融庁公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

ロシアの投資家がGoogleの仮想通貨広告の禁止を訴訟

ロシアの投資家がGoogleの仮想通貨広告の禁止を訴訟

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す