英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

by BITTIMES   

イングランドのクリケットチームである「Lancashire Cricket Club(ランカシャークリケットクラブ)」は2020年1月24日に、ブロックチェーン技術を用いた試合観戦チケットを導入することを発表しました。

こちらから読む:スポーツ&エンタメの仮想通貨取引所公開「スポーツ」関連ニュース

ブロックチェーンチケットで偽造品などを防止

Lancashire Cricket Club(ランカシャークリケットクラブ)は、1864年に設立されたイングランドのクリケットチームであり、英国で特に有名なクリケットチームとして知られています。今回の発表では同チームが「安全なブロックチェーンチケット」を導入することが発表されています。

ブロックチェーンチケットの発行にはブロックチェーンモバイルチケットプラットフォームである「TIXnGO」のプラットフォームが使用されており、2019年シーズン中にテストを成功させていると報告されています。

ランカシャークリケットは"ブロックチェーンチケット"を導入する利点として「偽造チケットを防止できること」や「チケットの流れを追跡・管理できること」などを挙げています。各チケットの情報はブロックチェーン上に記録されるため、チケットが転売された場合などにもその流れを追跡できると期待されます。

オンラインチケット購入者は増加傾向

今回の発表では「Lancashire Cricket」のウェブサイトに"3Dバーチャルスタジアム"などといった最先端技術が活用されていることも強調されています。このような機能が搭載されていることによって、チケット購入者はチケットを購入する前に座席から高品質の3Dパノラマビューを見ることができるとのことです。

「Lancashire Cricket」のチケット・デジタルシステム責任者であるJonathon Nuttall氏によると、「2019年シーズン中に購入されたチケットの80%以上はオンラインで購入された」と報告されており、オンラインチケット購入率が"50%未満"だった2018年から大幅に増加していることが説明されています。

ブロックチェーンチケットは既に複数のスポーツクラブで導入されており、実際に様々なメリットが得られることが報告されているため、今後は業界に関わらず様々な分野でブロックチェーンチケットの実用化が進むことになると予想されます。

>>「Lancashire Cricket」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

リトアニア中銀:ブロックチェーンプロジェクト「LBChain」の最終段階を完了

リトアニア中銀:ブロックチェーンプロジェクト「LBChain」の最終段階を完了

Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す