Bakkt:ゲーム内資産・ポイント対応の「仮想通貨決済アプリ」近日中に詳細発表へ

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォームを提供している「Bakkt(バックト)」は、2020年2月13日に配信したニュースレターで現在開発中の消費者向けアプリの詳細が今後数週間以内に発表されることを報告しました。

こちらから読む:FCバルセロナ、公式ファントークン発行へ「仮想通貨」関連ニュース

「ベータ版アプリのテスト」も近日開始

Bakkt(バックト)が開発を進めている消費者向けアプリは、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨に加えて「デジタル証券・ロイヤルティポイント・ゲーム内資産」なども保管することができるようになると伝えられています。

先日13日に配信されたニュースレターによると、このアプリの詳細は今後数週間ほどで発表される予定となっており、発表後には顧客からの意見を募集するとも説明されています。またベータ版アプリのテストも近日中に開始される予定だとと報告されています。

Bakktは様々な種類のデジタル資産を簡単に管理できるアプリを提供することによって、デジタル資産を自由に交換して、現金と同じように支払いを行うことができる環境を構築すること目指しています。

Bakktの親会社である「インターコンチネンタル取引所(ICE)」は、2020年2月5日に金融機関や小売店向けのロイヤルティプログラムを提供している企業「Bridge2 Solutions」と買収契約を結んだことを発表しています。

「Bridge2 Solutions」は幅広い業種向けに提供されている4,500のロイヤリティ・インセンティブ・従業員特典プログラムをサポートしていると伝えられているため、同社のサービスを統合することによってBakktアプリの利便性はさらに高まることになると期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Terra Classic(LUNC)注目のアップグレード実施へ|BINANCEなども対応方針を発表

Terra Classic(LUNC)注目のアップグレード実施へ|BINANCEなども対応方針を発表

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

シンボル(Symbol/XYM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

シンボル(Symbol/XYM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説