バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

by BITTIMES

カリブ海に浮かぶ島国バハマが、同国の法定通貨バハマドル(BSD)に連動した中央銀行デジタル通貨(CBDC)を2020年後半に導入する予定であることが現地メディア「The Tribune」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Bakktアプリ、近日中に詳細公開へ「仮想通貨」関連ニュース

デジタルバハマドル「2020年内」にも導入へ

バハマは以前から中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に向けた取り組みを進めており、昨年末にはバハマドル(BSD)に連動した独自デジタル通貨のテストプロジェクトである「Project Sand Dollar」を立ち上げたことが報告されていました。

このプロジェクトは、バハマ国内の決済システムを効率化し、マネーロンダリングやテロ資金供与などの違法行為に対処することなどを目的としたものであり、ハリケーンなどの自然災害が発生した場合に金融システムを素早く復旧させることにも役立つと期待されています。

「The Tribune」の報道によると、バハマ中央銀行のJohn Rolle(ジョン・ロール)総裁はデジタルバハマドルが2020年後半に全ての島々で導入されることを明かしたと伝えられています。

昨年末の発表では、CBDCをテストする最初の島として"アバコ諸島"が挙げられていましたが「アバコ諸島は全ての銀行が拠点を持っており、金融包摂や金融へのアクセスが厳しいというわけではない」ということを考慮した上で"エグズーマ島"で実験を開始することになったとも報告されています。

現在バハマ中央銀行は、エグズーマ島でのテストに参加する1,200人の登録作業を進めているとのことで、テストへの参加に関心を示している人々はさらに2,000人ほど存在すると説明されています。

あくまでも「法定通貨のデジタル版」だと強調

John Rolle(ジョン・ロール)総裁は、現在テストが進められているCBDCが「バハマドルをデジタル化したものであり、バハマドルと同じ通貨である」ということを強調しています。同氏はこのデジタル通貨が法律面でも価値の面でもこれまで使用されてきたバハマドルと同様のものであり、"異なる通貨ではない"と説明しています。

私たちは"通貨をデジタルで表現する方法"を模索しています。"異なる通貨"ではなく"同じ通貨"です。異なる法律が適用されるわけではなく、価値の面でも異なるわけではありません。サンド・ドルをバハマドルと異なる価格に設定することはできません。

バハマのCBDCである「サンド・ドル」は2020年後半までに導入することが計画されていますが、その一方ではインフラや法律の整備・セキュリティ対策などの課題があることなども報告されており、これらのことを理由に『2020年後半まではエグズーマ島以外の地域に導入することはできないだろう』とも説明されています。

>>「The Tribune」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

ジャスティン・サン:Tron(TRX)の「トップ10入り」を宣言|最新ニュース近日発表か?

ジャスティン・サン:Tron(TRX)の「トップ10入り」を宣言|最新ニュース近日発表か?

Alibaba Cloud:ブロックチェーン製品「世界規模」で提供へ ー 拡大するBaaS市場

Alibaba Cloud:ブロックチェーン製品「世界規模」で提供へ ー 拡大するBaaS市場

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

【Chiliz&Socios】NASCAR所属のレーシングチーム「Roush Fenway Racing」と提携

【Chiliz&Socios】NASCAR所属のレーシングチーム「Roush Fenway Racing」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

アバランチ(AVAX)が「Coinbase Japan」に上場|お得なキャンペーンも開催中

アバランチ(AVAX)が「Coinbase Japan」に上場|お得なキャンペーンも開催中

OasysのOASトークン:暗号資産取引所「OKX・Kucoin・Bybit・Gate・Huobi」上場へ

OasysのOASトークン:暗号資産取引所「OKX・Kucoin・Bybit・Gate・Huobi」上場へ

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す