バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

by BITTIMES

カリブ海に浮かぶ島国バハマが、同国の法定通貨バハマドル(BSD)に連動した中央銀行デジタル通貨(CBDC)を2020年後半に導入する予定であることが現地メディア「The Tribune」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Bakktアプリ、近日中に詳細公開へ「仮想通貨」関連ニュース

デジタルバハマドル「2020年内」にも導入へ

バハマは以前から中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に向けた取り組みを進めており、昨年末にはバハマドル(BSD)に連動した独自デジタル通貨のテストプロジェクトである「Project Sand Dollar」を立ち上げたことが報告されていました。

このプロジェクトは、バハマ国内の決済システムを効率化し、マネーロンダリングやテロ資金供与などの違法行為に対処することなどを目的としたものであり、ハリケーンなどの自然災害が発生した場合に金融システムを素早く復旧させることにも役立つと期待されています。

「The Tribune」の報道によると、バハマ中央銀行のJohn Rolle(ジョン・ロール)総裁はデジタルバハマドルが2020年後半に全ての島々で導入されることを明かしたと伝えられています。

昨年末の発表では、CBDCをテストする最初の島として"アバコ諸島"が挙げられていましたが「アバコ諸島は全ての銀行が拠点を持っており、金融包摂や金融へのアクセスが厳しいというわけではない」ということを考慮した上で"エグズーマ島"で実験を開始することになったとも報告されています。

現在バハマ中央銀行は、エグズーマ島でのテストに参加する1,200人の登録作業を進めているとのことで、テストへの参加に関心を示している人々はさらに2,000人ほど存在すると説明されています。

あくまでも「法定通貨のデジタル版」だと強調

John Rolle(ジョン・ロール)総裁は、現在テストが進められているCBDCが「バハマドルをデジタル化したものであり、バハマドルと同じ通貨である」ということを強調しています。同氏はこのデジタル通貨が法律面でも価値の面でもこれまで使用されてきたバハマドルと同様のものであり、"異なる通貨ではない"と説明しています。

私たちは"通貨をデジタルで表現する方法"を模索しています。"異なる通貨"ではなく"同じ通貨"です。異なる法律が適用されるわけではなく、価値の面でも異なるわけではありません。サンド・ドルをバハマドルと異なる価格に設定することはできません。

バハマのCBDCである「サンド・ドル」は2020年後半までに導入することが計画されていますが、その一方ではインフラや法律の整備・セキュリティ対策などの課題があることなども報告されており、これらのことを理由に『2020年後半まではエグズーマ島以外の地域に導入することはできないだろう』とも説明されています。

>>「The Tribune」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す