バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

by BITTIMES

カリブ海に浮かぶ島国バハマが、同国の法定通貨バハマドル(BSD)に連動した中央銀行デジタル通貨(CBDC)を2020年後半に導入する予定であることが現地メディア「The Tribune」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Bakktアプリ、近日中に詳細公開へ「仮想通貨」関連ニュース

デジタルバハマドル「2020年内」にも導入へ

バハマは以前から中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に向けた取り組みを進めており、昨年末にはバハマドル(BSD)に連動した独自デジタル通貨のテストプロジェクトである「Project Sand Dollar」を立ち上げたことが報告されていました。

このプロジェクトは、バハマ国内の決済システムを効率化し、マネーロンダリングやテロ資金供与などの違法行為に対処することなどを目的としたものであり、ハリケーンなどの自然災害が発生した場合に金融システムを素早く復旧させることにも役立つと期待されています。

「The Tribune」の報道によると、バハマ中央銀行のJohn Rolle(ジョン・ロール)総裁はデジタルバハマドルが2020年後半に全ての島々で導入されることを明かしたと伝えられています。

昨年末の発表では、CBDCをテストする最初の島として"アバコ諸島"が挙げられていましたが「アバコ諸島は全ての銀行が拠点を持っており、金融包摂や金融へのアクセスが厳しいというわけではない」ということを考慮した上で"エグズーマ島"で実験を開始することになったとも報告されています。

現在バハマ中央銀行は、エグズーマ島でのテストに参加する1,200人の登録作業を進めているとのことで、テストへの参加に関心を示している人々はさらに2,000人ほど存在すると説明されています。

あくまでも「法定通貨のデジタル版」だと強調

John Rolle(ジョン・ロール)総裁は、現在テストが進められているCBDCが「バハマドルをデジタル化したものであり、バハマドルと同じ通貨である」ということを強調しています。同氏はこのデジタル通貨が法律面でも価値の面でもこれまで使用されてきたバハマドルと同様のものであり、"異なる通貨ではない"と説明しています。

私たちは"通貨をデジタルで表現する方法"を模索しています。"異なる通貨"ではなく"同じ通貨"です。異なる法律が適用されるわけではなく、価値の面でも異なるわけではありません。サンド・ドルをバハマドルと異なる価格に設定することはできません。

バハマのCBDCである「サンド・ドル」は2020年後半までに導入することが計画されていますが、その一方ではインフラや法律の整備・セキュリティ対策などの課題があることなども報告されており、これらのことを理由に『2020年後半まではエグズーマ島以外の地域に導入することはできないだろう』とも説明されています。

>>「The Tribune」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

ベネズエラ政府運営の送金プラットフォーム「暗号資産2銘柄」サポートへ

ベネズエラ政府運営の送金プラットフォーム「暗号資産2銘柄」サポートへ

米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す