シンクロライフ:貯めた仮想通貨で「サーティワンなどのeギフト購入」が可能に

by BITTIMES   

飲食店で食事をしたり、レビューを投稿したりすることによって仮想通貨が貯まるトークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ(SynchroLife)」を提供している「株式会社GINKAN」は2020年2月18日に、シンクロライフで貯めた仮想通貨でサーティワンアイスクリーム・上島珈琲店・ドンキホーテ・ローソン・ミニストップ・ミスタードーナツ・てもみん・グローバル治療院などのeギフトを購入できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、"現金1万円"が当たるキャンペーン開催「国内ニュース」

「全7ブランド24商品のeギフト購入」可能に

シンクロライフ(SynchroLife)は、飲食店で食事をしたり、レビューを投稿したりすることによって仮想通貨シンクロコイン(SynchroCoin/SYC)を受け取ることができる"トークンエコノミー型のグルメSNS"であり、現在は21万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。

今回の発表では、株式会社ギフティが提供する法人向けサービス「giftee for Business」との連携に伴い、シンクロライフのアプリに搭載されているウォレット機能をリニューアルし、アプリ内で貯めたシンクロコインを利用してコンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトが購入可能になったことが発表されています。またeギフトの購入だけでなく、各ブランドの実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結するとも説明されています。

最初は「サーティワンアイスクリーム・上島珈琲店・ドンキホーテ・ローソン・ミニストップ・ミスタードーナツ・てもみん・グローバル治療院」など全7ブランドの商品が登場することになっており、購入したeギフトは他のユーザーにプレゼントすることもできるとされています。また、ブランドは今後も順次追加されていく予定となっているため、将来的にはシンクロコインで様々なブランドのeギフトを購入できるようになると期待されます。

シンクロウォレット内でのeギフト購入から利用まで(画像:SynchroLife)シンクロウォレット内でのeギフト購入から利用まで(画像:SynchroLife)

シンクロコインはサービス加盟店で飲食したり、食レビューを投稿したりすることによって、貯めることができるようになっており、通常の飲食時には会計金額の1〜5%、キャンペーン時には最大20%のシンクロコインを獲得できるようになっています。

付与される仮想通貨は店舗側から提供されるQRコードを読み取るだけで受け取ることができるようになっており、飲食店側も「初期費用・月額費用・端末費用なし」でシンクロライフの加盟店になることができるようになっているため、今後はシンクロライフのコミュニティがさらに拡大していくことになると期待されます。(加盟店はシンクロライフ経由の飲食代金の5%を支払うだけで、シンクロライフ上に広告を掲載することが可能)

現時点でシンクロライフ加盟店は首都圏を中心とした200店舗以上にまで増加しており、2020年内には3,000店舗が登場する予定だと報告されているため、今後のサービス拡大にも期待が高まります。

>>「シンクロライフ」の公式発表はこちら
>>「シンクロライフ」の公式サイトはこちら
>>「シンクロライフ」iOS版アプリはこちら
>>「シンクロライフ」Android版アプリはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

コインチェック「Symbol/XYM」への対応方針を発表

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

クレカ利用で「仮想通貨」がもらえる|シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験開始

クレカ利用で「仮想通貨」がもらえる|シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験開始

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

【速報】ビットコイン価格「600万円」に到達|1BTC=1,000万円も現実的に

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

ビットフライヤー:リスク(Lisk)の「ステーキングリワードサービス」提供開始

ビットフライヤー:リスク(Lisk)の「ステーキングリワードサービス」提供開始

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

全ての金融機関に「暗号資産関連の銀行口座閉鎖」を指示:ナイジェリア中央銀行

全ての金融機関に「暗号資産関連の銀行口座閉鎖」を指示:ナイジェリア中央銀行

アメリカ・カナダの自動車ディーラー「仮想通貨決済」に対応|暗号資産の保有も予定

アメリカ・カナダの自動車ディーラー「仮想通貨決済」に対応|暗号資産の保有も予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す