Cardano:実験的機能を備えた「テストネット用ダイダロス報酬ウォレット」公開

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の開発部門を担っている「IOHK」は2020年2月19日に、Shelleyインセンティブ付きテストネット用のダイダロスリワードウォレット(Daedalus Rewards wallet)が新しくなったことを発表しました。この新しいウォレットには複数の"実験的な機能"も追加されています。

こちらから読む:IOHK、ワイオミング大学にADAを寄付「Cardano/ADA」関連ニュース

テスト用ダイダロス報酬ウォレットの「最新版」公開

IOHKは2020年2月19日のツイートで「Shelleyインセンティブ付きテストネット用のダイダロスウォレット(Daedalus wallet)」が新しくなったことを発表しました。この新しい報酬機能付きウォレットには"複数の実験的な機能"も搭載されていると説明されています。

Shelleyインセンティブ付きテストネット用のダイダロスウォレットが新しくなりました。ネットワークとバックエンドの統合に取り組み、新しいUI機能とハードウェア/Yoroiウォレットの復元を追加しました。また、いくつかの"実験的な機能"も追加されています。試してみてください。

今回のアップデートには「ゼロバランス問題の修正を含む複数の一般的な問題への対処」や「Yoroiウォレット/ハードウェアウォレットの復元機能」が含まれていると説明されています。ただし"ハードウェアウォレットの復元"に関しては『注意して使用するよう』にと警告が行われており、セキュリティリスクを理解している経験豊富なハードウェアウォレットユーザーのみが使用すべきだとされています。

複数の「実験的な機能」も搭載

今回のアップデートには、ユーザーがステークプールの"飽和レベル"を簡単に確認できるようにするための新しい機能も追加されています。

"飽和(Saturation)"とは、特定のステークプールに理想的なステークが委任されているかどうかを示すために使用される用語であり、新しいテスト用ダイダロスウォレットでは各ステークプール毎に「色付けされたゲージ」と「パーセント(%)」でレベルが表示されています。プールが"飽和点"に達すると報酬が減少するとのことです。

Daedalus-Saturation

なお上記画像の一部にも表示されているように、今回複数追加された"実験的な機能"には「フラスコマーク」が表示されています。これらの実験的機能のデータは「不正確である可能性がある」と注意書きがなされていますが、この機能は今後の取り組みを通じて改善を行なっていく機能であるため、意見を求めていると説明されてます。

アップデート時の注意点

新しいバージョンの「Shelleyインセンティブ付きテストネット用のダイダロスウォレット」は、IOHKの公式サイトですでに公開されているため、希望することは公式サイトからファイルをダウンロードすることによって利用することができます。但し、先述したように今回追加された機能の中には"ユーザー自身が自己判断で利用するかどうかを決定すべき機能"も含まれているため注意が必要です。

「ハードウェアウォレットの復元」に関しては、カルダノ公式発表でも『経験豊富なハードウェアウォレットユーザーのみが使用すべきだ』と強調されているため、自信がない方は使用しないようにすることが懸命だと考えられます。

また、新しいバージョンの「テストネット用のダイダロスウォレット」をダウンロードしても、すでにテストネット用のダイダロスウォレットを使用していた場合には、ウォレットを復元する際に『復元しようとしているウォレットはすでに存在しています』と表示される場合があります。

これは以前使用していたウォレットのデータがPC上に保存されていることが原因であるため、この問題を解決するためには"ウォレットデータが記録されている特定のファイル"を削除する必要があります。

このファイルは、テストネット用ダイダロスウォレットの「ヘルプ」メニューから「Daedalus診断」を選択し、選択後に表示される「Daedalus診断」画面で「Daedalusステータスディレクトリー」の欄に表示されている「開く」ボタンを選択することによって表示させることができます。

テストネット用ダイダロスウォレットの「ヘルプ」メニューから「Daedalus診断」を選択テストネット用ダイダロスウォレットの「ヘルプ」メニューから「Daedalus診断」を選択

「Daedalus診断」画面で「Daedalusステータスディレクトリー」の欄に表示されている「開く」ボタンを選択「Daedalus診断」画面で「Daedalusステータスディレクトリー」の欄に表示されている「開く」ボタンを選択

「開く」をクリックすると、ステータスディレクトリーのファイル一覧が表示されるため、これらのファイル全てを削除することによって、テストネット用ダロスウォレットに記録されている以前のウォレットデータを削除することができます。

なお、ユーザーが保有しているADA数量はブロックチェーン上に記録されているため「ステータスディレクトリー」に保存されているファイルを削除しても、あなたが保有しているADAが削除される訳ではありません。

表示された「ステータスディレクトリーのファイル」を削除する表示された「ステータスディレクトリーのファイル」を削除する

これらの内容は「forum.cardano.org」または「IOHK公式サイト」でも説明が行われているため、より詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「カルダノフォーラム」の公式発表はこちら
>>「ステータスディレクトリー」の削除方法はこちら
>>「最新版のテスト用ダイダロスウォレット」ダウンロードはこちら

2020年2月19日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月13日に8円近くまで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年2月19日時点では「1ADA=6.72円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月21日〜2020年2月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月21日〜2020年2月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す