著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

by BITTIMES

R&Bシンガーソングライター「Akon(エイコン)」の仮想通貨プロジェクトとして知られる「Akoin」のホワイトペーパーが公開されたことがで明らかになりました。このホワイトペーパーには、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)などに関する情報も記載されています。

こちらから読む:BINANCE、南アフリカの法定通貨サポートへ「仮想通貨」関連ニュース

アフリカなどの新興経済圏に「新たな可能性」を提供

「Akoin」のホワイトペーパーによると、Akoinは「アフリカなどの新興経済圏の起業家向けに設計されたブロックチェーンベースのツール・サービス・エコシステムによって構成される仮想通貨」だとされており、Akoinの使命は「アフリカやその他の貧困に苦しむ地域全体で学習・報酬・支出・節約の機会を創出することによって、世界最大の新興労働市場の可能性を解き放つこと」だと説明されています。

分散型アプリケーション(DApps)やアプリケーション(Apps)の基盤となる「Akoin」のエコシステムは、新たなサービスを創出するための機会を提供し、Akoinエコシステムの独自通貨である「Akoin Utility Token」は主要仮想通貨・パートナー企業の代替通貨・法定通貨の即時取引を可能にするとされています。

また「Akoin」のプロジェクトでは「Akoin Multi-Currency Wallet」と呼ばれる複数の通貨をサポートしたウォレットも開発されることになっており、従来の両替システムよりも手軽かつ安い手数料でユーザーが通貨を交換できる環境を提供すると説明されています。

なお「Akoin」はステラ(Stellar/XLM)のネットワーク上で立ち上げられているため、Akoinのトークンは「Stellarのウォレット」と「Akoinのウォレット」の両方で保管することができるようになっています。

「BitMinutes」との提携を通じたサービスも

Akoinは、P2P決済・携帯電話クレジット交換プラットフォームである「BitMinutes」とも提携しているため、Akoinユーザーはアフリカ全土12億のアカウントへと無料で送金することもできるとされています。

「BitMinutes」はこの他にも、プリペイド方式による通信量支払い、マイクロレンディング、キャッシュイン・キャッシュアウトサービスなどへのアクセスを提供するとのことです。

Akon氏はコインテレグラフに対して『アフリカでは非常に多くの通貨が発行されているものの、その多くは不安定で信頼されていない』と語っており、現在では農産物・魚・果物・物などといった基本的な商品を購入する際に法定通貨ではなく"携帯電話のクレジット"を使用している人も存在すると報告しています。

しかし、村の外で携帯電話の通話クレジットを法定通貨の替わりとして使用することはできないため、Akoinを展開することによって村の外でも同様の感覚で支払いを行えるようなシステムを提供したいとAkon氏は語っています。

IEOは「一流の仮想通貨取引所」で実施

Akoinは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を通じてトークンの10%が販売される予定となっています。IEOは"一流の仮想通貨取引所"との提携を通じて2020年第2四半期に実施されることになっていますが、具体的にどの仮想通貨取引所で実施されるのかについては明らかにされていません。

IEOでは合計4,500万Akoinが販売されることになっており、1コインあたりの金額は0.15ドル(約16円)だとされています。資金調達の上限額は675万ドル(約7億2,500万円)に設定されており、支払いに利用できる仮想通貨は「XLM」となっています。

「Akoin」のプロジェクトでは、仮想通貨やブロックチェーン技術を含めた様々な最先端技術を取り入れた未来都市「AkonCity」を建設するプロジェクトも進められており、AKON氏がセネガルの大統領に授与された約8平方キロメートルの土地に5〜10年ほどの期間をかけて建設される予定となっているため、今後の発展にも注目が集まっています。

>>「Akoin」のホワイトペーパーはこちら
>>「Akoin」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

不動産セキュリティトークン発行(STO)に向け「実証実験」を実施:LIFULL

不動産セキュリティトークン発行(STO)に向け「実証実験」を実施:LIFULL

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す