人気歌手AKON:ステラブロックチェーン上で仮想通貨「Akoin」発行へ

by BITTIMES   

有名なR&Bシンガーソングライター「AKON(エイコン)」が発行を予定している仮想通貨「Akoin」がステラ(Stellar/XLM)のブロックチェーン上で構築されることが明らかになりました。

こちらから読む:LINE、米国拠点の取引所"BITFRONT"運営開始「仮想通貨」関連ニュース

Akoinの基盤として「Stellar」を採用

R&Bシンガーソングライターでありながら、音楽プロデューサー・実業家・慈善家でもあるAKON(エイコン)氏は、仮想通貨を様々なサービスに活用した未来都市「AKON CITY(エイコン・シティ)」をセネガルに設立するプロジェクトを進めており、今年1月には"セネガルでAKON CITYを建設すること"を約束する覚書に正式に署名が行われたことが報告されています。

このプロジェクトでは「Akoin」と呼ばれる仮想通貨が使用されることが明らかにされていましたが、本日29日には"Akoinがステラ(Stellar/XLM)のブロックチェーン技術を用いて発行されること"が発表されています。

Akoin発行に向けて「StellarOrg」と提携したことをお知らせします。StellarはAkoinトークンとその広範なエコシステムの両方を構築するためのブロックチェーンとして機能します。

詳細は以下をご覧ください。

発展途上国の人々に「より良い金融サービス」を

Akoinの共同設立者兼社長であるJon Karas氏は『アフリカなどの地域で"グローバルな金融包摂を作成する"という共通のビジョンを有していることから、Stellarという分散型ハイブリッドブロックチェーンを選択した』と説明しており、AKON氏も大きな課題に直面しているアフリカに焦点を当てていることを語っています。

私たちが構築しているのは"グローバルなプラットフォーム"であり、最初のターゲットとしてアフリカに焦点を当てています。アフリカには最も大きな課題があります。

Stellarブロックチェーン上で構築されることによって「Akoin」はステラ関連のウォレットと互換性を持つことになりますが、Stellarはその他多くの法定通貨やデジタル資産と相互運用できるように設計されているため、Akoinも様々な通貨と交換することができるようになると期待されます。

Akoinはアフリカなどの地域で金融サービスを提供することを最初の目標としていますが、最終的には54のアフリカ諸国だけでなく、世界中に存在するその他の発展途上国に金融サービスを提供することが目標とされています。

セネガルに建設予定の「AKON CITY」は、東京ドーム174個分に相当する2,000エーカー(約8平方キロメートル)の土地に建設される予定となっており、仮想通貨や再生可能エネルギーなどを含めた様々な最先端技術を取り入れていく予定となっているため、今後の進展にも期待が高まります。

>>「Akoin」の公式サイトはこちら

2020年2月29日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は、今月13日に10円近くまで回復したものの、その後は下落傾向が続いており、2020年2月29日時点では「1XLM=6.33円」で取引されています。

2019年12月31日〜2020年2月29日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月31日〜2020年2月29日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)

ステラ(XLM)の購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

自由の国だったチュニジアでビットコイン規制が起きているのはなぜか?

自由の国だったチュニジアでビットコイン規制が起きているのはなぜか?

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す