人気歌手AKON:ステラブロックチェーン上で仮想通貨「Akoin」発行へ

by BITTIMES   

有名なR&Bシンガーソングライター「AKON(エイコン)」が発行を予定している仮想通貨「Akoin」がステラ(Stellar/XLM)のブロックチェーン上で構築されることが明らかになりました。

こちらから読む:LINE、米国拠点の取引所"BITFRONT"運営開始「仮想通貨」関連ニュース

Akoinの基盤として「Stellar」を採用

R&Bシンガーソングライターでありながら、音楽プロデューサー・実業家・慈善家でもあるAKON(エイコン)氏は、仮想通貨を様々なサービスに活用した未来都市「AKON CITY(エイコン・シティ)」をセネガルに設立するプロジェクトを進めており、今年1月には"セネガルでAKON CITYを建設すること"を約束する覚書に正式に署名が行われたことが報告されています。

このプロジェクトでは「Akoin」と呼ばれる仮想通貨が使用されることが明らかにされていましたが、本日29日には"Akoinがステラ(Stellar/XLM)のブロックチェーン技術を用いて発行されること"が発表されています。

Akoin発行に向けて「StellarOrg」と提携したことをお知らせします。StellarはAkoinトークンとその広範なエコシステムの両方を構築するためのブロックチェーンとして機能します。

詳細は以下をご覧ください。

発展途上国の人々に「より良い金融サービス」を

Akoinの共同設立者兼社長であるJon Karas氏は『アフリカなどの地域で"グローバルな金融包摂を作成する"という共通のビジョンを有していることから、Stellarという分散型ハイブリッドブロックチェーンを選択した』と説明しており、AKON氏も大きな課題に直面しているアフリカに焦点を当てていることを語っています。

私たちが構築しているのは"グローバルなプラットフォーム"であり、最初のターゲットとしてアフリカに焦点を当てています。アフリカには最も大きな課題があります。

Stellarブロックチェーン上で構築されることによって「Akoin」はステラ関連のウォレットと互換性を持つことになりますが、Stellarはその他多くの法定通貨やデジタル資産と相互運用できるように設計されているため、Akoinも様々な通貨と交換することができるようになると期待されます。

Akoinはアフリカなどの地域で金融サービスを提供することを最初の目標としていますが、最終的には54のアフリカ諸国だけでなく、世界中に存在するその他の発展途上国に金融サービスを提供することが目標とされています。

セネガルに建設予定の「AKON CITY」は、東京ドーム174個分に相当する2,000エーカー(約8平方キロメートル)の土地に建設される予定となっており、仮想通貨や再生可能エネルギーなどを含めた様々な最先端技術を取り入れていく予定となっているため、今後の進展にも期待が高まります。

>>「Akoin」の公式サイトはこちら

2020年2月29日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は、今月13日に10円近くまで回復したものの、その後は下落傾向が続いており、2020年2月29日時点では「1XLM=6.33円」で取引されています。

2019年12月31日〜2020年2月29日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月31日〜2020年2月29日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)

ステラ(XLM)の購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

Chiliz Exchange:強豪サッカークラブ「ACミラン」の$ACMファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange:強豪サッカークラブ「ACミラン」の$ACMファントークン取扱いへ

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ミクシィ「Dapper Labs」と提携|FlowブロックチェーンやNFT活用へ

ミクシィ「Dapper Labs」と提携|FlowブロックチェーンやNFT活用へ

Chiliz&Socios:サッカーイタリア代表の「$ITAファントークン」発行へ|FIGCと提携

Chiliz&Socios:サッカーイタリア代表の「$ITAファントークン」発行へ|FIGCと提携

フィスコ「フィスココイン(FiscoCoin/FSCC)のバーン」実施へ

フィスコ「フィスココイン(FiscoCoin/FSCC)のバーン」実施へ

Crypto.com:総合格闘技団体UFCの「公式NFTグッズ」発売へ|提携関係を拡大

Crypto.com:総合格闘技団体UFCの「公式NFTグッズ」発売へ|提携関係を拡大

Coincheck NFT:メタバースなどで利用できる3Dボクセルアバター「The Meebits」取扱いへ

Coincheck NFT:メタバースなどで利用できる3Dボクセルアバター「The Meebits」取扱いへ

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:ブラジルの強豪「São Paulo FC」の$SPFCファントークン本日取引開始

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

TAOTAO「ビットコイン”Taproot”アップグレード記念キャンペーン」開始

TAOTAO「ビットコイン”Taproot”アップグレード記念キャンペーン」開始

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

シンガポール大手銀行「華僑銀行」暗号資産取引所の設立を検討

シンガポール大手銀行「華僑銀行」暗号資産取引所の設立を検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す