3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)を基盤とした3D仮想空間ゲームプラットフォームである「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」は、2020年2月20日に同プラットフォームが正式に一般公開されたことを発表しました。

こちらから読む:専門知識なしでゲーム開発、Enjin Platform公開「ゲーム」関連ニュース

Decentraland、正式リリース

ディセントラランド(Decentraland/MANA)は、イーサリアムのブロックチェーンを基盤とした3D仮想空間プラットフォームであり、ユーザーはプラットフォーム上に存在する土地や不動産を購入したり、購入した土地に新たなゲームやサービスを構築して提供したりすることができるようになっています。

プラットフォーム上に存在する土地や不動産は「LAND(ランド)」と呼ばれるNFT(非代替トークン)の形式で販売されているため、土地の所有者は所有権を証明することができ、他のプレイヤーと取引することもできます。

今回の発表では、この「Decentraland」が正式に一般公開されたことが発表されており、これによってユーザーは「MetaMask(メタマスク)」などのウォレットだけでディセントラランドの仮想空間にアクセスすることできるようになっています。

土地を所有したり、アバター名を設定したりする場合には仮想通貨で支払いを行う必要がありますが、"ゲストアカウント"でログインすれば無料で仮想空間を探索することが可能です。

「SDK・ビルダー・マーケットプレイス」などの機能も

ディセントラランドが提供するソフトウェア開発キット(SDK)を使用すれば、購入した土地で簡単に3D空間を作成することもできるようにもなっています。

ディセントラランドはユーザーがより簡単にサービスを利用できるようにするために"3Dエディター機能"も提供しているため、利用者は複雑なコーディングを行うことなく"ドラッグ&ドロップ"で気軽に空間を構築することができると説明されています。

この他にも「ランド・アバター・名前」などを他のプレイヤーと交換することができる"マーケットプレイス"なども公開されています。

4日間限定の「お宝探しイベント」開催中

ディセントラランドは一般公開を記念して「4日間限定の"トレジャーハントイベント"」も開催しています。このイベントは、Decentraland上に構築されている大都市「Genesis City(ジェネシスシティ)」を探索することによって総額10万ドル(約1,100万円)相当のお宝を獲得できる企画となっています。

配布されているお宝は「仮想通貨・土地・NFT・スマートフォン」など様々であり、具体的には以下のようなお宝が隠されていると説明されています。
・1,250,000MANAトークン
・596,419ANJトークン
・144,935MATICトークン
・25LAND
・5011CryptoKitties(限定ネコを含む)
・Axie Infinityの30Axies
・HTC Exodus 1(実物のスマートフォン)
・その他数千種類の珍しいアイテム

「Decentraland」は、世界中で人気のブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」などを含めた様々なゲーム・企業・サービスとパートナー契約を結んでおり、リリース前から高い注目を集めていたプロジェクトであるため、今後の動きにも注目が集まります。

>>「Decentraland」の公式発表はこちら
>>「Decentraland」の公式サイトはこちら

2020年2月21日|ディセントラランド(MANA)の価格

ディセントラランド(Decentraland/MANA)の価格は今月9日に7.30円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年2月21日時点では「1MANA=6.01円」で取引されています。

>>MANAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの新規登録はこちら

2019年11月23日〜2020年2月21日 MANAのチャート(画像:coingecko.com)2019年11月23日〜2020年2月21日 MANAのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

注目度の高い仮想通貨ニュース

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

元ディーカレットCTO白石陽介氏「前澤友作氏の新事業参画」を正式に報告

元ディーカレットCTO白石陽介氏「前澤友作氏の新事業参画」を正式に報告

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

ブロックチェーン企業Gaudiy「ソニー・ミュージックエンタテインメント」と業務提携

ブロックチェーン企業Gaudiy「ソニー・ミュージックエンタテインメント」と業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す