カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2020年3月19日に、複数の財団メンバーが新型コロナウイルス(COVID-19)などといったのウイルスの研究を進めるための分散コンピューティングプロジェクト「Folding@Home」を支援していることを報告しました。

こちらから読む:商用インフラ"CCCI"発表へ「Cardano」関連ニュース

分散コンピューティングで「ウイルス研究」に貢献

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2020年3月19日に、同財団のコミュニティマネージャーであるAndy Hendrikx(アンディ・ヘンドリックス)氏の提案を受けて、多数の財団スタッフが「Folding@Home」と呼ばれるプロジェクトに参加していることを明らかにしました。これはカルダノ財団の組織的な取り組みではありませんが、カルダノ財団のメンバーが国際的な問題に積極的に取り組んでいることを示しています。

「Folding@Home」とは、2000年10月からスタンフォード大学を中心として行われている分散コンピューティングプロジェクトであり、タンパク質の折りたたみ構造を解析することによって、それに関係する「アルツハイマー病・がん・パーキンソン病・狂牛病・新型コロナウイルス」などといった様々な疾病の治療に役立てることを目的としています。

ウイルスの研究などを行うためには非常に高い計算能力が必要となるため、場合によっては他のコンピューターの計算能力を借りる必要があります。「Folding@Home」はそのような問題解決に役立つプロジェクトであり、プロジェクト参加者は専用のコンピュータプログラムをダウンロードしてパソコンなどで起動させることによって、自分のコンピュータの計算能力の一部を研究のために提供することができるようになっています。

Cardanoコミュニティメンバーとも協力

「Folding@Home」は現在、世界中で問題となっている"新型コロナウイルス"の研究に重点を置いているため、プロジェクトに参加することによって新型コロナウイルスの治療法研究を支援することができます。カルダノ財団は今回の発表でコミュニティの人々にも参加を呼びかけており、具体的な参加方法の説明なども行っています。

Cardano財団は「Folding@Home」プロジェクトに参加する際に自分がCardanoコミュニティに関連付けられていることを見せることができる"チーム番号(244483)"も共有しているため、この番号を入力して「Folding@Home」プロジェクトに参加すればCardanoコミュニティのメンバーと共にウイルス研究を支援することができます。

なお「Folding@Home」プロジェクトの公式サイト情報によると、2020年3月23日時点におけるCardanoチームの貢献度ランキングは239,762チーム中「3,751位」に位置付けられています。

カルダノ財団は広い視点で世界中の様々な問題解決に取り組んでいるため、ADA価格の下落にも関わらずコミュニティから高い支持を獲得しています。

「Folding@Home」プロジェクトへの参加を希望する方は「カルダノ財団の公式報告」または「Folding@Homeの公式サイト」をご覧ください。
>>「カルダノ財団」の公式報告はこちら
>>「Folding@Home」の公式サイトはこちら
※「Folding@Home」はカルダノ財団・EMURGO・IOHKが提供しているソフトウェアではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年5月

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年5月

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

注目度の高い仮想通貨ニュース

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す