Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

by BITTIMES

アメリカ・ワイオミング州にある公立大学「ワイオミング大学(University Of Wyoming)」は、2020年2月14日にカルダノ(Cardano/ADA)の開発を行なっている「IOHK」から50万ドル(約5,500万円)相当のADAで支援金を受け取ったことを発表しました。この支援金はブロックチェーン技術の研究開発に利用されるとのことです。

こちらから読む:著名トレーダーがADAに言及「Cardano/ADA」関連ニュース

ブロックチェーン研究所の活動を支援

ワイオミング大学(University Of Wyoming)は2020年2月14日にカルダノ(Cardano/ADA)の開発を行なっている「IOHK」から50万ドル(約5,500万円)相当のADAを支援金として受け取ったことを発表しました。今回送られた資金はブロックチェーン技術の研究開発に利用されると伝えられています。

具体的には、教員や大学院生が"暗号化・認証・サプライチェーン管理・仮想通貨・スマートコントラクト"などに関連する実用的なハードウェア・ソフトウェアの開発を行う「ブロックチェーン研究開発所(UWYO-IOHK Advanced Blockchain Research and Development Laboratory)」の資金として利用されることになっています。

この研究所は「Cardanoの技術を活用してソフトウェアの開発を行うためのツールやリソースも提供する」と伝えられているため、結果的に今回の支援金がCardanoコミュニティのさらなる発展につながると期待されます。

IOHKのCEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、先日ワイオミング大学のメインキャンパスに研究所を開設する式典に出席しています。同氏によると、今後の取り組みとしては家畜トレーサビリティプラットフォーム「BeefChain」が中心になるとのことです。

仮想通貨・ブロックチェーン業界では「技術開発を行う新しい人材の育成」が大きな課題となっており、現時点でも様々なプロジェクトが大学への資金援助を行なっています。ワイオミング大学でカルダノブロックチェーンを用いた研究開発が行われていくことによって、Cardano関連の技術者が増加し、新しいソフトウェアの開発も加速することになると期待されます。

>>「ワイオミング大学」の公式発表はこちら

2020年2月15日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は昨年12月に3.48円付近まで下落して以降は順調に回復してきており、2020年2月15日時点では「1ADA=7.74円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月20日〜2020年2月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月20日〜2020年2月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

仮想通貨取引所MIDEX:カルダノエイダコイン(ADA)取扱い開始 ー 日本円取引も

仮想通貨取引所MIDEX:カルダノエイダコイン(ADA)取扱い開始 ー 日本円取引も

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

仮想通貨市場を牽引する「注目すべき」プロジェクトリーダーたち

仮想通貨市場を牽引する「注目すべき」プロジェクトリーダーたち

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムウォレットアプリ「MetaMask Mobile」Android・iOS向けに正式リリース

イーサリアムウォレットアプリ「MetaMask Mobile」Android・iOS向けに正式リリース

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す