Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

by BITTIMES

アメリカ・ワイオミング州にある公立大学「ワイオミング大学(University Of Wyoming)」は、2020年2月14日にカルダノ(Cardano/ADA)の開発を行なっている「IOHK」から50万ドル(約5,500万円)相当のADAで支援金を受け取ったことを発表しました。この支援金はブロックチェーン技術の研究開発に利用されるとのことです。

こちらから読む:著名トレーダーがADAに言及「Cardano/ADA」関連ニュース

ブロックチェーン研究所の活動を支援

ワイオミング大学(University Of Wyoming)は2020年2月14日にカルダノ(Cardano/ADA)の開発を行なっている「IOHK」から50万ドル(約5,500万円)相当のADAを支援金として受け取ったことを発表しました。今回送られた資金はブロックチェーン技術の研究開発に利用されると伝えられています。

具体的には、教員や大学院生が"暗号化・認証・サプライチェーン管理・仮想通貨・スマートコントラクト"などに関連する実用的なハードウェア・ソフトウェアの開発を行う「ブロックチェーン研究開発所(UWYO-IOHK Advanced Blockchain Research and Development Laboratory)」の資金として利用されることになっています。

この研究所は「Cardanoの技術を活用してソフトウェアの開発を行うためのツールやリソースも提供する」と伝えられているため、結果的に今回の支援金がCardanoコミュニティのさらなる発展につながると期待されます。

IOHKのCEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、先日ワイオミング大学のメインキャンパスに研究所を開設する式典に出席しています。同氏によると、今後の取り組みとしては家畜トレーサビリティプラットフォーム「BeefChain」が中心になるとのことです。

仮想通貨・ブロックチェーン業界では「技術開発を行う新しい人材の育成」が大きな課題となっており、現時点でも様々なプロジェクトが大学への資金援助を行なっています。ワイオミング大学でカルダノブロックチェーンを用いた研究開発が行われていくことによって、Cardano関連の技術者が増加し、新しいソフトウェアの開発も加速することになると期待されます。

>>「ワイオミング大学」の公式発表はこちら

2020年2月15日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は昨年12月に3.48円付近まで下落して以降は順調に回復してきており、2020年2月15日時点では「1ADA=7.74円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月20日〜2020年2月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月20日〜2020年2月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP Ledger上で「トークン発行」が可能に?Ripple社が新機能開発

XRP Ledger上で「トークン発行」が可能に?Ripple社が新機能開発

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

Chiliz:ポーランドの強豪サッカークラブ「レギア・ワルシャワ」と提携|$LEG発行へ

Chiliz:ポーランドの強豪サッカークラブ「レギア・ワルシャワ」と提携|$LEG発行へ

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

富山グラウジーズ:ブロックチェーン用いた「応援体験アプリケーション」導入へ

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

The Sandbox:1,078LANDが「わずか60秒未満」で完売|仮想土地の需要高まる

The Sandbox:1,078LANDが「わずか60秒未満」で完売|仮想土地の需要高まる

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す