人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用したアニメ関連作品の売買プラットフォーム「blockpunk.net」を運営しているスタートアップ企業「BlockPunk(ブロックパンク)」は、2020年3月23日に人気のテレビアニメ「ドロヘドロ」のスマートアートプリントの予約販売を開始しました。

こちらから読む:STRAYM、正式にサービス開始「アート」関連ニュース

BlockPunk(ブロックパンク)とは

BlockPunk-logo

BlockPunk(ブロックパンク)はシンガポールと東京を拠点とするスタートアップ企業であり、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーを活用することによってアニメ商品を販売する際の非効率さを解決することを目指した取り組みを行っています。

同社が運営している「blockpunk.net」は、クリエイターが「ブロックチェーン」と「プリントオンデマンド(*1)」を用いて自分だけのオンデマンドグッズを制作し、正規品として全世界へ販売することができるプラットフォームとなっており、様々なアニメ関連商品が出品されています。
(*1)プリントオンデマンド:少数の印刷物を必要に応じて迅速に印刷するサービスのこと

「blockpunk.net」で販売されている全てのグッズには情報改ざんが極めて難しいブロックチェーン上に情報が記録された"デジタル証明書"が付属しているため、クリエイターやグッズ購入者は「自分のグッズが海賊版ではなく正規品であること」を証明することができるようになっており、商品によってはグッズ購入者限定のデジタル特典品にもアクセスすることができるようになっています。

人気テレビアニメ「ドロヘドロ」の作品が予約可能に

BlockPunk(ブロックパンク)の広報活動を担当している「パンクメディア株式会社」は2020年3月23日に、「いぬやしき・ゾンビランドサガ・BANANA FISH・賭ケグルイ」などといった人気作品を手がけるアニメ制作会社「MAPPA」の代表作「ドロヘドロ」の"スマートアートプリント"が「blockpunk.net」で予約できるようになったことを発表しました。

"スマートアートプリント"とは、ブロックチェーン上に所有権を記録することができるアート作品のことであり、作品の所有者は商品に搭載されたNFCチップやQRコードをスキャンすることによってブロックチェーン上に保存された"デジタル証明書"を確認することができるようになっています。

今回予約販売が開始された「ドロヘドロ」の作品は、同作のキャラクターデザイナーである岸友洋氏が手掛けた"限定デザイン"となっており、スマートアートプリントは「BlockPunk」が出資を受けている「大日本印刷株式会社(DNP)」によって日本国内でオンデマンド製造されると説明されています。

また、スマートアートプリントを購入した方には、同デザインのデジタルデータである"クリプトアート"もプレゼントされることになっており、各クリプトアートにも"デジタル証明書"が付与されていると説明されています。これまでのアート作品は複製することが容易であったため偽造品なども数多く作成されていましたが、ブロックチェーン技術を用いた"デジタル証明書"を発行することによってデジタル作品にも希少性を持たせ、物理的な商品と同じように取引できるようになると期待されます。

「ドロヘドロ」のスマートアートプリントは、2020年3月23日〜2020年5月23日の期間にかけて予約受付が行われており、商品の発送は2020年5月中旬頃から順次行う予定だとされています。商品の詳細は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「ドロヘドロ」スマートアートプリントの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

マスターカードは中銀発行の仮想通貨の受け入れを検討

マスターカードは中銀発行の仮想通貨の受け入れを検討

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

注目度の高い仮想通貨ニュース

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す