デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

by BITTIMES

プログラムを更新することによってデザインが変化するブロックチェーンアート作品を提供している「Async Art」は、2020年2月29日に「First Supper(最初の晩餐)」という初めての作品が103.4ETH(約252万円)で落札されたことを報告しました。

こちらから読む:ペンタブ大手がブロックチェーン活用「アート」関連ニュース

First Supper「103.4ETH」で落札

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術を活用した"プログラム可能なアート作品"を提供している「Async Art」は、2020年2月29日にレオナルド・ダ・ヴィンチの名作「最後の晩餐」に因んだ作品である「First Supper(最初の晩餐)」が103.4ETHで落札されたことを報告しました。この金額は2020年2月29日時点のレートで換算すると約252万円に相当します。

SOLD!「First Supper」のマスターオークションは合計103.4ETHで終了しました。

このムーブメントを実現した新しいオーナー、アーティスト、コミュニティに祝福を送ります!

「Async Art」とは?

「Async Art」で公開されているアート作品は「1枚のマスター作品」と「22枚のレイヤー作品」で構成されており、マスター作品にレイヤー作品を配置することによって"最終的な1つの作品"が完成する仕様となっています。

マスターとレイヤーの両方は"NFT(代替不可能なトークン)"として販売されており、レイヤー(NFT)の保有者は決められた範囲内で作品のデザインに変更を加えることができるようになっています。レイヤー保有者によって加えられた変更はマスター作品にも反映されるため、結果的にこれらの作品は複数のトークン保有者の選択によってデザインが変化する仕様となっています。

(画像:beta.cent.co)(画像:beta.cent.co

今回売却された「First Supper」も実際には複数のレイヤーで構成されているため、今回のツイートに添付されていた画像が完成形というわけではなく、実際には以下のように様々なデザインが隠されています。

「Async Art」のプロジェクトは今月開始されたばかりであり、公式サイトには「2人のスマートコントラクト開発者」と「13人のアーティスト」によって作成された6つの作品が掲載されています。

アート作品をブロックチェーン技術でトークン化するプロジェクトや、それによって"アート作品の分散所有"を実現したプロジェクトなどはすでに複数立ち上げられていますが「時間と共にデザインが変化するブロックチェーンアート」というアイデアは新しいものであるため、「Async Art」の今後の取り組みには注目が集まります。

>>「Async Art」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

FXcoin:取引総額の0.05%が還元される「キャッシュバックキャンペーン」開催

FXcoin:取引総額の0.05%が還元される「キャッシュバックキャンペーン」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月20日〜26日

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す