ブロックチェーンで「漫画の印税をファンに還元」CANDL、正式リリース

by BITTIMES

ブロックチェーン技術で漫画ファンに印税を還元するサービス「CANDL」の企画・開発を行なっている「株式会社TART」は2020年3月2日に「CANDL」正式リリースの第一弾としてダークファンタジーの傑作『クロザクロ デジタル新装版』のマンガオーナー権販売を開始すると発表しました。

こちらから読む:仮想通貨ALISが"買い物・フリマ"などで利用可能に「国内ニュース」

CANDL公開第1弾「クロザクロ」のオーナー権販売開始

ブロックチェーン技術で漫画ファンに印税を還元するサービス「CANDL」の企画・開発を行なっている「株式会社TART」は2020年3月2日に、デジタルコミックの配信代行事業などを手がけている「株式会社ナンバーナイン」と協力して「CANDL」のプラットフォームを通じて漫画・画像のデジタル所有権を扱う実証実験を開始すると発表しました。

「CANDL」は、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を活用した漫画家応援プラットフォームであり、ファンの人々が自分の好きな漫画の"マンガオーナー権"を購入できるサービスとなっています。マンガオーナー権を購入した人々は「限定書き下ろしイラストをダウンロードする権利」や「電子書籍売り上げの一部還元を受ける権利」などを獲得することができます。

今回の発表では「CANDL」正式リリース第1弾として、ダークファンタジーの傑作である「クロザクロ デジタル新装版」をナンバーナイン社から提供することが発表されています。「クロザクロ」のマンガオーナーはプランに応じて以下4つの特典を得ることができます。
・描き下ろし限定デジタルイラスト
・イラストのデジタル所有権
・漫画の売り上げの一部還元
・サイト上にオーナーとして名前を掲載

「クロザクロ」マンガオーナー権販売の詳細

「クロザクロ デジタル新装版」のマンガオーナー権は2020年3月2日〜2020年3月31日の期間にかけて販売されることになっており、売上還元期間は2020年4月1日〜2020年9月30日、5月末日〜10月末日までの毎月末で合計6回に分けて還元されることになっています。

マンガオーナー権はイーサリアムの「ERC721トークン」という形で付与される仕組みとなっており、売り上げの還元もETHで行われるため、商品の購入にはイーサリアムウォレットが必要となります。なお、販売期間中に販売数量の上限に達した場合にはその時点で販売終了になるとのことです。

販売される"マンガオーナー権"のプラン詳細は以下の通りです。

【ブロンズオーナー】
数量:20口
金額:6,000円
特典1:こどもザクロのモノクロ限定描き下ろしイラストダウンロード
特典2:画像のデジタル所有権を証明
特典3:電子書籍の売上の一部を還元
特典4:サイト上に漫画オーナーとして名前表示

【シルバーオーナー】
数量:10口
金額:20,000円
特典1:こどもザクロの全身カラー限定描き下ろしイラストダウンロード
特典2:画像のデジタル所有権を証明
特典3:電子書籍の売上の一部を還元
特典4:サイト上に漫画オーナーとして名前表示

【ゴールドオーナー】
数量:3口
金額:60,000円
特典1:大人ザクロのフルカラー限定描き下ろしイラストダウンロード
特典2:画像のデジタル所有権を証明
特典3:電子書籍の売上の一部を還元
特典4:サイト上に漫画オーナーとして名前表示

仮想通貨ETHによる売上還元では「マンガオーナーの商品価格に対して、直近の書籍売上実績で年利24%程度の還元が受けられる」と説明されています。「CANDL」のサービスが広く普及すれば、マンガファンの人々が自分の好きな漫画家を新しい方法で直接支援し、その恩恵を受けることができるようになるため、今後の発展には注目が集まります。

>>「クロザクロ デジタル新装版」の特設サイトはこちら
>>「CANDL」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

伊藤忠:ファミリーマートを完全子会社化「ブロックチェーン・AIの活用」も計画

伊藤忠:ファミリーマートを完全子会社化「ブロックチェーン・AIの活用」も計画

NIKE:イーサリアム技術で「靴をトークン化」デジタル資産売買などで特許取得

NIKE:イーサリアム技術で「靴をトークン化」デジタル資産売買などで特許取得

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

ブロックチェーンは自動車産業をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは自動車産業をどのように変えるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す