Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の公式商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」は2020年3月31日に、Cardanoが研究を主導しているブロックチェーンを用いたエンタープライズ向けのトレーサビリティソリューション「EMURGOトレーサビリティ」のローンチを発表しました。

こちらから読む:Visaを超える処理速度を実現「Cardano/ADA」関連ニュース

企業向けソリューション「EMURGOトレーサビリティ」

EMURGO Indonesia(エマーゴ・インドネシア)がローンチした「EMURGOトレーサビリティ」は、Cardanoが研究を主導するブロックチェーン技術を活用することによって、既存のサプライチェーンのトレーサビリティ水準を刷新し、サプライチェーンの利害関係者や消費者に付加価値をもたらすエンタープライズ向けのソリューションとなっています。

このソリューションを利用することによって、各種商品の利害関係者間で購入価格を可視化し、蓄積される個人情報の透明性を確保できると期待されています。

EMURGOトレーサビリティは、EMURGOのエンタープライズチームが開発した初のブロックチェーン基盤ソリューションであり、EMURGOトレーサビリティ活用に向けた取り組みとして、環境に配慮したインドネシアのコーヒーブランド「Blue Korintji Coffee(ブルーコリンジコーヒー)」との提携も発表されています。

コーヒーブランド「Blue Korintji Coffee」で導入

Blue Korintji Coffee(ブルーコリンジコーヒー)は、2020年4月5日から「EMURGOトレーサビリティ」を運用し始めるため、同社のコーヒーを購入する消費者の人々はジャカルタ市内に存在する「Blue Korintji CoffeeのBintaro店」で提示されたQRコードをスキャンするだけで、提供されるコーヒー豆の産地情報などを確認することができるようになると伝えられています。

EMURGOの報告によると、コーヒー豆のサプライチェーン業界やリソースを潤沢に持たない事業者は「曖昧な会計基準」や「原産地の証明」などに苦労しており、不正の横行や消費者からの不信感を招く結果になっているとされています。

フェアトレード製品のライセンス発行およびフェアトレード製品の普及に取り組んでいる独立推進機関「フェアトレード財団」は、コーヒー豆は生産者・業者・プロセッサー・輸出業者・ロースター・小売業者などといった様々な仲介業者を介して消費者の手に渡るため、サプライチェーン管理が複雑であり、多くの生産者は「自社製品が誰に届けられたのか」や「最終的にはいくらで販売されたのか」を知らずにいると述べているとのことです。

ブロックチェーン技術でコーヒーのサプライチェーンを管理・公開すれば、消費者の人々は信頼できる形でコーヒーの各種情報を確認することができるようになり、生産者の人々も最終的に自社製品が誰に届けられたのか、いくらで販売されたのかを確認できるようになるため、これらの問題を解決することができると期待されます。

食料品に関連する健康被害が多数報告されている現代社会では「生産・流通情報などを確認できる食品」の需要が高まり始めており、最近ではブロックチェーン技術で生産情報を記録・確認できるようにした製品が世界各地で多数生産されています。

Cardanoのブロックチェーン技術は世界中で高い評価を獲得しているため、今後は同技術の具体的な活用事例も続々と発表されていくことになると期待されます。

>>「EMURGO」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

NEM Group:Symbol対応モバイル&デスクトップウォレット「最新版」リリース

NEM Group:Symbol対応モバイル&デスクトップウォレット「最新版」リリース

Chiliz:ポーランドの強豪サッカークラブ「レギア・ワルシャワ」と提携|$LEG発行へ

Chiliz:ポーランドの強豪サッカークラブ「レギア・ワルシャワ」と提携|$LEG発行へ

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

スイス・ツーク州:税金支払い手段で「仮想通貨決済」を正式採用|BTC・ETHの2銘柄

スイス・ツーク州:税金支払い手段で「仮想通貨決済」を正式採用|BTC・ETHの2銘柄

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

スマートアプリ:イーサリアムのGAS代高騰問題解決に向け「Polygon」と提携

スマートアプリ:イーサリアムのGAS代高騰問題解決に向け「Polygon」と提携

The Sandbox:1,078LANDが「わずか60秒未満」で完売|仮想土地の需要高まる

The Sandbox:1,078LANDが「わずか60秒未満」で完売|仮想土地の需要高まる

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す