Cardanoブロックチェーン基盤の追跡ソリューション「EMURGOトレーサビリティ」公開

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の公式商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」は2020年3月31日に、Cardanoが研究を主導しているブロックチェーンを用いたエンタープライズ向けのトレーサビリティソリューション「EMURGOトレーサビリティ」のローンチを発表しました。

こちらから読む:Visaを超える処理速度を実現「Cardano/ADA」関連ニュース

企業向けソリューション「EMURGOトレーサビリティ」

EMURGO Indonesia(エマーゴ・インドネシア)がローンチした「EMURGOトレーサビリティ」は、Cardanoが研究を主導するブロックチェーン技術を活用することによって、既存のサプライチェーンのトレーサビリティ水準を刷新し、サプライチェーンの利害関係者や消費者に付加価値をもたらすエンタープライズ向けのソリューションとなっています。

このソリューションを利用することによって、各種商品の利害関係者間で購入価格を可視化し、蓄積される個人情報の透明性を確保できると期待されています。

EMURGOトレーサビリティは、EMURGOのエンタープライズチームが開発した初のブロックチェーン基盤ソリューションであり、EMURGOトレーサビリティ活用に向けた取り組みとして、環境に配慮したインドネシアのコーヒーブランド「Blue Korintji Coffee(ブルーコリンジコーヒー)」との提携も発表されています。

コーヒーブランド「Blue Korintji Coffee」で導入

Blue Korintji Coffee(ブルーコリンジコーヒー)は、2020年4月5日から「EMURGOトレーサビリティ」を運用し始めるため、同社のコーヒーを購入する消費者の人々はジャカルタ市内に存在する「Blue Korintji CoffeeのBintaro店」で提示されたQRコードをスキャンするだけで、提供されるコーヒー豆の産地情報などを確認することができるようになると伝えられています。

EMURGOの報告によると、コーヒー豆のサプライチェーン業界やリソースを潤沢に持たない事業者は「曖昧な会計基準」や「原産地の証明」などに苦労しており、不正の横行や消費者からの不信感を招く結果になっているとされています。

フェアトレード製品のライセンス発行およびフェアトレード製品の普及に取り組んでいる独立推進機関「フェアトレード財団」は、コーヒー豆は生産者・業者・プロセッサー・輸出業者・ロースター・小売業者などといった様々な仲介業者を介して消費者の手に渡るため、サプライチェーン管理が複雑であり、多くの生産者は「自社製品が誰に届けられたのか」や「最終的にはいくらで販売されたのか」を知らずにいると述べているとのことです。

ブロックチェーン技術でコーヒーのサプライチェーンを管理・公開すれば、消費者の人々は信頼できる形でコーヒーの各種情報を確認することができるようになり、生産者の人々も最終的に自社製品が誰に届けられたのか、いくらで販売されたのかを確認できるようになるため、これらの問題を解決することができると期待されます。

食料品に関連する健康被害が多数報告されている現代社会では「生産・流通情報などを確認できる食品」の需要が高まり始めており、最近ではブロックチェーン技術で生産情報を記録・確認できるようにした製品が世界各地で多数生産されています。

Cardanoのブロックチェーン技術は世界中で高い評価を獲得しているため、今後は同技術の具体的な活用事例も続々と発表されていくことになると期待されます。

>>「EMURGO」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

ネスレ:コーヒーブランドでも「ブロックチェーン技術」活用へ

ネスレ:コーヒーブランドでも「ブロックチェーン技術」活用へ

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

スイス金融市場監督局:B2B向け銀行の「仮想通貨関連業務」を初認可

スイス金融市場監督局:B2B向け銀行の「仮想通貨関連業務」を初認可

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

人気のタグから探す