世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

by BITTIMES   

カルダノ財団(Cardano Foundation)が世界4大会計事務所の1つとして知られる「プライスウォーターハウスクーパース(PwC)」の法務チームと会合を行い、今後のマーケティング活動に関する計画について話し合いを行ったことが明らかになりました。PwCは世界のトップ企業などにカルダノを紹介し、財団の活動を支援すると伝えられています。

こちらから読む:IOHK、ワイオミング大学にADAを寄付「Cardano/ADA」関連ニュース

世界トップ企業に紹介し「カルダノを支援」

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年3月3日のツイートで、世界4大会計事務所の1つとして知られる「プライスウォーターハウスクーパース(PwC)」のロンドン本社に訪れ、今後のマーケティング活動に関する計画について話し合いを行ったことを報告しました。

チャールズ・ホスキンソン氏は2020年1月に「PwC」と協力してマーケティング活動を行なっていくことを明らかにしており、Cardanoブロックチェーンの技術活用を促進するためのマーケティング活動を行う他、本人確認や資金洗浄対策などといった仮想通貨取引所が求める条件に対処することによって、仮想通貨ADAをより簡単に仮想通貨取引所に上場させれるようにしていく計画を発表していました。

具体的な契約の詳細はまだ確定していないものの、PwCはホスキンソン氏や同氏がCEOを務める「IOHK」を"Fortune 500(*1)"にリストされている大手企業に紹介することによってカルダノ財団の活動を支援すると伝えられています。
(*1)Fortune 500:アメリカのFortune誌が毎年1回発表している世界中の会社を対象とした総収益ランキングのこと

PwC法務責任者も「カルダノの取り組み」を支持

PwCの法務チームリーダーであるGuenther Dobrauz(ガンザー・デブラウス)氏は、2020年3月3日のツイート(現在は削除済)で『地方分権化は我々の未来である』と述べた上で『ホスキンソン氏やIOHKの開発チームはその未来の重要な一部である』とコメントしています。

またデブラウス氏は仮想通貨メディア「Cointelegraph」に対して、個人的な意見だと説明しつつ『ブロックチェーン技術は変革を起こすと信じている。カルダノチームの取り組みを支持する』と語ったと報告されています。

私はカルダノチームの取り組みを支持しており、カルダノのエコシステムは最初から素晴らしい仕事をしていると個人的に信じています。彼らと交流し、学ぶことができる全ての機会を楽しんでいます。このようなことはその他いくつかのプロジェクトにも当てはまります。

PwCは世界的に大きな影響力を持つコンサルティング会社であるため、PwC支援のもとでマーケティングを行うことによって、カルダノの技術活用を促進させることができると期待されます。カルダノの技術は世界的に有名なシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」などでもテストされているため、今後のさらなる普及にも注目です。

2020年3月5日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月2日に4円台まで下落したものの、その後は回復傾向が見られ始めており、2020年3月5日時点では「1ADA=5.40円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年1月5日〜2020年3月5日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月5日〜2020年3月5日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シンクロライフ:東急プラザ渋谷で「ビットコイン20%還元祭」開催へ

シンクロライフ:東急プラザ渋谷で「ビットコイン20%還元祭」開催へ

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

The Sandbox:日本居住者限定「スサノオNFT」プレゼント企画を発表

The Sandbox:日本居住者限定「スサノオNFT」プレゼント企画を発表

テレビでNFTの閲覧・取引「LG Art Lab」を発表:LG Electronics

テレビでNFTの閲覧・取引「LG Art Lab」を発表:LG Electronics

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コインチェック:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

コインチェック:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

DMMビットコイン「CHZ・AVAXの取扱開始日・対象サービス」などを発表

DMMビットコイン「CHZ・AVAXの取扱開始日・対象サービス」などを発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

Apple社「ゲーム・アプリ内でのNFT販売」を許可|手数料設定などで批判の声も

Apple社「ゲーム・アプリ内でのNFT販売」を許可|手数料設定などで批判の声も

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

ビットフライヤー「ETH/BTCペア手数料無料キャンペーン」開始

ビットフライヤー「ETH/BTCペア手数料無料キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す