仮想通貨ファクトム(FCT)開発企業「解散」に向け精算手続きへ

by BITTIMES

日本にも上場している仮想通貨ファクトム(Factom/FCT)の発行・開発を担当している企業「Factom Protocol(ファクトム・プロトコル)」が、会社を解散させる方向で精算手続きを進めていることが同社の筆頭株主企業「FastForward」がロンドン証券取引所に提出した資料で明らかになりました。

こちらから読む:BINANCE、"マイニングプール構築"を計画「仮想通貨」関連ニュース

Factom Protocol「財政難」で精算手続きへ

Factom Protocol(ファクトム・プロトコル)の筆頭株主企業「FastForward」がロンドン証券取引所に提出した資料によると、Factomの役員らは2020年3月31日に行われた取締役会で、運営資金が不足している現状において債権者に返済を行うために一部資産を割り当てることを決定したとされています。

「FastForward」は90%を超えるFactom最大の債権者であるため、今回の会社精算にあたって大部分の資産を受け入れることになります。また「Factom Protocol」の株式に関しては2018年に締結した600万ドル(約6.5億円)に相当する将来株式の簡易な同意書(SAFE)の再交渉を計画するとのことです。

また「FastForward」は現在、Factomプロトコルが動作するすべての知的財産を含むFactomの資産をコントロールする破産管財人を任命しようとしていると報告されています。

ファクトム(Factom/FCT)は、2015年に実施されたイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で14万ドル(約1,500万円)の資金を調達した仮想通貨プロジェクトであり、日本国内では仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」に上場、先日1日には板取引サービスにFCTを追加したことなども発表されていました。

FCT価格は発表後にやや下落

仮想通貨ファクトムはオープンソースプロジェクトとして複数の開発・運営者によって支えられているため、今回の決定によってファクトムの運営自体が終了になるわけではありませんが、今回の発表後にFCTの価格は11%ほど下落しており、記事執筆時点では「1FCT=185円」で取引されています。

なお「Factom Protocol Authority Node Operators」は本日3日に掲示板サイト「Reddit」で声明文を公開し、「Factom.Inc」に何が起こってもファクトムプロトコルの運営に影響は与えないと説明しています。

Factom Protocolは完全にオープンソースであり、複数の開発者がいて、独自のガバナンスで世界中に存在する27の完全に独立したオーソリティノードオペレーターによって運営されていることを明確にしたいと思います。

Factoidトークン(FCT)を含むプロトコル自体、パブリックブロックチェーンは「Factom、Inc.」によって運営されているものではありません。「Factom、Inc.」はこれらの27の権限ノードオペレーターの1つにすぎません。これは「Factom、Inc.」に何が起こっても「Factom Protocol」の運用に影響を与えないことを意味します。

>>「FastForward」が提出した資料はこちら
>>「Factom Protocol Authority Node Operators」の声明文はこちら

FCTが購入できる仮想通貨取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコインの「フルノード機能」搭載!ブロックチェーンスマホの最新機種を発表:HTC

ビットコインの「フルノード機能」搭載!ブロックチェーンスマホの最新機種を発表:HTC

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

NFTストアを簡単に作成できる「NFTify Japan」発足:Metafrontier

NFTストアを簡単に作成できる「NFTify Japan」発足:Metafrontier

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月22日〜28日

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

XANAメタバースNFT「企業コラボ®Tシャツ」がリアルTシャツに|全国のイオン店舗で発売

XANAメタバースNFT「企業コラボ®Tシャツ」がリアルTシャツに|全国のイオン店舗で発売

ZEBEDEE×VIKER:ビットコインが稼げる「チェス・スクラッチ」のゲーム公開

ZEBEDEE×VIKER:ビットコインが稼げる「チェス・スクラッチ」のゲーム公開

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す