Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

by BITTIMES

ゲームを紹介した人々に仮想通貨報酬を付与するサービスを提供している「リフェリウム(Refereum/RFR)」は、新型コロナウイルの拡大を防止するための取り組みの一環として「Tron・DLive・BitTorrent」のチームと協力してユーザーに報酬を付与する「#StayHomeGameMore」と呼ばれるキャンペーンを実施していることを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、"CoinMarketCap"買収を完了「仮想通貨」関連ニュース

「Refereum・DLive・Tron・BitTorrent」が協力

リフェリウム(Refereum/RFR)は、ゲーマーやインフルエンサーを通じてゲームの紹介などを行なっているスタートアップ企業であり、ゲーム動画配信者や視聴者に対して仮想通貨報酬を付与するサービスを提供しています。

同社は昨年11月にブロックチェーン上に構築されたライブストリーミングプラットフォームである「DLive」と提携を結び、コンテンツ作成者や視聴者に対する報酬サービスを拡大していましたが、2020年4月2日の発表では新たに「トロン(Tron/TRX)」や「ビットトレント(BitTorrent/BTT)」のチームとも協力してキャンペーンに取り組んでいることが発表されています。

なお、トロン(Tron/TRX)は2018年に「BitTorrent」を買収しており、「DLive」は2019年12月にTronブロックチェーンへの移行を発表しています。

Refereumによると、今回発表されたキャンペーンは「新型コロナウイルス対策として外出を控えることが奨励されていること」を考慮したものであり、自宅でゲームを楽しむ人々に報酬を与えることによって感染拡大を防止する狙いもあると説明されています。

具体的には「Refereum」のプラットフォームに参加して「DLive」のコンテンツを視聴し、特定の条件を満たしたユーザーや動画配信者に「RFR・Lemon・TRX・BTT」などの仮想通貨で報酬が付与されると伝えられています。

「新型コロナウイルスの拡散防止」を支援

RefereumのCEOであるDylan Jones(ディラン・ジョーンズ)氏や、DLiveのCEOであるCharles Wayn(チャールズ・ウェイン)氏は『TronやDLiveと協力してゲーム動画視聴者に報酬を付与することによって、新型コロナウイルスの影響から毎日を自宅で過ごしている人々の時間をもっと楽しいものにすることができることを願っている』と語っています。

ー Dylan Jones氏
公衆衛生上の深刻な問題から人々と距離を置くことが求められているこの時期に、TronやDLiveとの提携を通じてゲーム実況の視聴者に報酬を提供することによって、自宅で過ごす何百万人もの人々の時間をより楽しいものにできることを願っています。

ー Charles Wayn氏
DLiveは、新型コロナウイルスの拡散を阻止する手助けをしたいと考えています。
屋内にとどまり、DLiveでお気に入りの実況動画を視聴して報酬を獲得しましょう!すばらしいライブストリーミングコンテンツをお楽しみください!

ブロックチェーンベースの動画配信プラットフォームである「Dlive」は、その他の動画配信プラットフォームに比べて、収益化の可能性が高いことなどでも注目を集めており、昨年4月にはYouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録者数で世界一の人数を誇る「PewDiePie(ピューディパイ)」がDLiveで動画配信を開始したことも報告されています。

>>「Refereum」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

金融庁:暗号資産交換業者に「デジタルアセットマーケッツ・マーキュリー」の2社を登録

金融庁:暗号資産交換業者に「デジタルアセットマーケッツ・マーキュリー」の2社を登録

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

ディセントラランド上にグローバル文化都市「メタトーキョー」構築へ:アソビシステム

ディセントラランド上にグローバル文化都市「メタトーキョー」構築へ:アソビシステム

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す