ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

by BITTIMES

ゲーマーやインフルエンサーを通じてゲームの流通・宣伝を行なっている「リフェリウム(Refereum/RFR)」は、2019年11月7日の発表でブロックチェーン技術を用いた分散型ストリーミングプラットフォームである「DLive」と提携を結んだことを発表しました。

こちらから読む:取引所における"水増し取引"が増加「仮想通貨」関連ニュース

リフェリウム(Refereum/RFR)とは?

リフェリウム(Refereum/RFR)は、ゲーマーやインフルエンサーを通じてゲームの宣伝や紹介を行なっているスタートアップ企業であり、ゲーム開発者が低コストでゲームを宣伝することができ、ゲームのプレイヤーが宣伝を行うことによって報酬を得ることができるプラットフォームを提供しています。

同社が提供するプラットフォームは、ゲーマーがゲームをプレイし、インフルエンサーがゲームを宣伝することによって「RFRトークン」による報酬を得ることができるようになっており、ゲーム開発者は「RFRトークン」を支払うことによってプラットフォームにゲームを出したり、宣伝してもらったりすることができるようになっています。

同社はこれまでにも「Epic Games・Microsoft・EA・Versus Evil・Private Division・Annapurna」などといった世界的に有名な企業との提携も発表しています。

DLiveと共に「新たな報酬プログラム」を提供

Refereumが新たに提携を発表した「DLive」は、「Lino Blockchain」と呼ばれるブロックチェーン上に構築されているライブストリーミング・動画共有プラットフォームであり、ユーザーはプラットフォーム上に動画を投稿することによって独自の仮想通貨「LINOポイント」による報酬を得ることができるようになっています。

「DLive」と「Refereum」は、今回の提携を通じてコンテンツ作成者や視聴者に対して報酬を提供すると説明しています。Refereumのユーザーは、DLiveのストリーミング配信を視聴することによって報酬を獲得することができ、DLiveのコンテンツクリエーターは、R​​efereumストリーミングハブを通じて報酬を獲得したり、他のTwitch、Mixer、DLiveストリーマーと競合したりすることもできるとのことです。

「DLive」は毎月500万人以上のユーザーに利用されている人気のストリーミングプラットフォームであり、動画配信者の人数は125,000人以上にのぼっています。今年4月には、YouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録者数で世界一の人数を誇る「PewDiePie(ピューディパイ)」もDLiveでの配信をスタートしており、YouTuberの間でも話題となっていたため、新たな報酬プログラムが追加されたことによって、今後もさらに多くの人々に利用されていくことになると予想されます。

>>「Refereum」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

アート業界で必要とされる「ブロックチェーン」盗難されたピカソ作品20年ぶりに発見される

アート業界で必要とされる「ブロックチェーン」盗難されたピカソ作品20年ぶりに発見される

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでシェアするギャラリーアプリ「Portaly」クローズドβ版サービス開始

ブロックチェーンでシェアするギャラリーアプリ「Portaly」クローズドβ版サービス開始

BITMAX:1,000円相当の仮想通貨XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

BITMAX:1,000円相当の仮想通貨XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す