超大物YouTuber:ブロックチェーンベースの動画配信サービス「dlive」に移行

by BITTIMES

YouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録者数で世界一の人数を誇る「PewDiePie(ピューディパイ)」が、ブロックチェーンベースの動画配信プラットフォーム「dlive」でライブストリームを開始することが2019年4月9日に発表されました。「PewDiePie」は今月14日から新しいプラットフォームでの配信を開始すると伝えられています。

こちらから読む:動画配信プラットフォームで活用される「ブロックチェーン技術」とは?

dlive(ディーライブ)とは?

dlive

dlive(ディーライブ)とは、「Lino Blockchain」と呼ばれるブロックチェーン上に構築されているライブストリーミング・動画共有プラットフォームです。ユーザーはプラットフォーム上に動画を投稿することによって独自の仮想通貨「LINOポイント」による報酬を得ることができます。

dliveは、コンテンツ制作者に課せられる手数料が非常に少ないことで知られており、その他の動画配信プラットフォームに比べ、収益化の可能性が高いことで注目を集めています。一般的な動画配信サービスでは、収入源となる広告を表示するために「一定のチャンネル登録者するを超えなければならない」または「再生回数が数百万回に達していなければならない」といった基準が定められているほか、クリエイターが獲得する報酬から半分ほどの手数料が差し引かれるのが一般的です。

しかし「dlive」のクリエイターは、集まった会費または寄付金の90.1%を獲得することができるようになっており、残りの会費はクリエイターと交流する動画視聴者に対して支払うための報酬用プールに蓄積される仕組みとなっています。このプラットフォームには月間300万人以上のアクティブユーザーと35,000人の動画配信者が存在しており、その数は現在も増加し続けています。

大物YouTuberが絶賛する動画配信プラットフォーム

今回dliveで動画配信を開始することを発表した「PewDiePie(ピューディパイ)」は、『dliveでは本当のパートナーとしての扱いを受けることができるため最高だ』と賞賛するコメントを語っており、dliveを使用している他のクリエイターのために1万〜5万ドル(110万〜550万円)相当のLINOポイントを寄付することも発表しています。

2010年にYouTubeチャンネルを立ち上げた「PewDiePie」は、9,300万人以上のチャンネル登録者数を誇っており、再生回数は210億回以上にのぼっています。しかし、最近では同氏が投稿していた動画コンテンツに対して「白人至上主義だ」という批判の声もあがっており、投稿されたコンテンツを禁止することを求める請願書も出ていました。

最近では動画配信サービスで生計を立てる人々も増加してきているものの、規制強化や報酬の対象となる基準の変更などによって、ほとんどの人々は満足できるだけの収益化を測ることはできないともいわれていました。仮想通貨ブロックチェーン技術を用いた動画配信サービスは近年増加してきているため、今回大物YouTuberが「dlive」の利用を開始したことによって、今後もその他の動画配信者などがこれらのプラットフォームに移行する可能性もあると予想されます。

>>「dlive」の公式サイトはこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ハードウェアウォレットLedger「Crypto.com」経由の仮想通貨決済に対応

ハードウェアウォレットLedger「Crypto.com」経由の仮想通貨決済に対応

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す