ブロックチェーン基盤の「中古車個人間取引プラットフォーム」展開へ:オートバックス

by BITTIMES

カー用品専門店「Autobacs(オートバックス)」を展開している「株式会社オートバックスセブン」は、2020年4月にブロックチェーン技術を基盤とした中古車の個人間取引プラットフォームを立ち上げることを予定しています。

こちらから読む:BMW Group、BCプロジェクト拡大へ「ブロックチェーン」関連ニュース

中古車販売の「個人間取引市場」参入に向けて

Autobacs(オートバックス)は2016年からブロックチェーン技術の実証実験を行っており、2019年10月にはブロックチェーン技術を活用した「中古車販売のCtoC(個人間取引)市場」に参入する計画も発表されています。

同社は「査定Dr.」と呼ばれる特許取得済みの車買取査定システムを活用することによって、売り手と買い手が安心して中古車売買を行うことができるプラットフォームを構築することを計画しており、2020年4月のプラットフォーム本格稼働を目指しています。

一般的な中古車売買の問題点

一般的な中古車売買では、売り手から買い手へと中古車が渡るまでに「買取業者・販売業者・業者間オークション」などといった複数の仲介業者が介在することになるため、中間コストが大きくなり「売り手の売却価格」と「買い手の購入金額」に大きな差が生まれています。

また、仲介業者を介さずに個人間で直接取引を行った場合には、車両そのものの安全性や信頼性の面で不安が残ることになり、トラブルの原因にもなっています。

ブロックチェーンを用いたオートバックスの解決策

オートバックスはこのような問題点を解決するために、ブロックチェーン技術で買い手と売り手を直接繋ぐプラットフォームを構築しており、売り手からの査定依頼を受けた「オートバックス」が"無料"で査定を行い、その査定情報を信頼性の高いブロックチェーン上に記録して公開する仕組みを構築しています。

CtoC中古車販売のイメージ図(画像:オートバックス)CtoC中古車販売のイメージ図(画像:オートバックス

売り手側はオートバックスに無料査定を依頼した後に「そのままオートバックスに車を売却する」もしくは「CtoC中古車市場への登録(無料)」のどちらかを選択することができます。後者が選択された場合には、オートバックスが"認定証"を発行し、査定情報をブロックチェーン上に記録することになります。

ブロックチェーン上に記録される査定情報の中に「査定金額」は含まれていないため、売り手側は自由に売却希望額を設定することができ、買い手側はブロックチェーン上に記録された情報をもとにして中古車購入を検討することができます。

一方オートバックス側は、買い手と売り手が合意に達して取引が成立し、支払いと車両の移動が完了した時点で「手数料」を徴収することで収益化を図っているため、買い手と売り手は信頼できる査定情報に基づいて取引を行いながら、仲介手数料を最小限に抑えることができる仕組みとなっています。

なお、ブロックチェーン上に情報を記録する際などの手続きはスマートコントラクトを用いて自動的に実行され、車両の移動・契約などといった物理的・法律的な手続きはオートバックスが行うとのことです。

オートバックスは「CtoC中古車市場」を独占的に運営するのではなく、将来的には「連業者・競合他社・異業種」などを巻き込むことによって、新しいビジネスを創出する大規模なエコシステムを構築することを期待しているとも伝えられているため、今後発表されるサービスの詳細には期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

2017年はブロックチェーン元年になるのか?

2017年はブロックチェーン元年になるのか?

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す