「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

by BITTIMES

世界的に人気の著書「金持ち父さん貧乏父さん」の著者として知られるRobert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)氏は、2020年4月7日のツイートで中央銀行や米国連邦準備制度理事会(FRB)を批判し、『本物の金・銀・ビットコインを購入すべきだ』と推奨しました。

こちらから読む:bitFlyer、BATの取扱い開始「仮想通貨」関連ニュース

中央銀行関係者を厳しく批判

アメリカの投資家・実業家でありながら世界的に人気の著書「金持ち父さん貧乏父さん」の著者としても知られるRobert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)氏は、2020年4月7日のツイートで「中央銀行」や「米国連邦準備制度理事会(FRB)」の政策などに言及し、現在の状況は「本当の危機だ」と訴えました。

同氏は最初に「世界3大投資家の1人」とも言われる米国の著名投資家Jim Rogers(ジム・ロジャーズ)氏の言葉を引用する形で『中央銀行の学者や官僚はマーケットがどのように動くのかを理解できていない』と批判しています。

本当の危機。
「中央銀行は自分たちが何をしているのか理解できていない愚かな官僚や学者たちで構成されています。彼らはマーケットの仕組みを理解しておらず、現実世界をよくわかっていません。彼らは世界を救うことはできません。彼らが救いたいのは自分たちの仕事だけです。」ジム・ロジャーズ

「金・銀・ビットコインの現物購入」を推奨

キヨサキ氏はこのツイートに続く形で「米国連邦準備制度理事会(FRB)」が大量のドルを印刷し続けてきたことも批判しており、米ドル(USD)が死にかけている理由についての説明も行っています。

ロバート・キヨサキ氏は米ドルが大量に印刷されている一方で「・銀・ビットコインの数量は限られている」ということを強調しており、金・銀・ビットコインの"現物"を購入することを推奨しています。

なぜドルは死にかけているのか?
2008年にFRBは4兆5,000億ドルを印刷して裕福な人々を救いました。2020年のFRBは6〜8兆ドルを印刷しなければなりません。おそらく今回は米国経済を救うためにです。全世界に存在する金は9兆5,000億ドル相当しかありません。紙のETFの金や銀ではなく、本物の金・銀・ビットコインを購入しましょう。FRBの博士号取得者たちはバカばかりです。

ロバート・キヨサキ氏は以前からFRBの金融政策に対する批判を繰り返しており、2018年には『次に起こる金融市場の暴落は、過去に類を見ないほど大規模なものになるだろう』と語っていました。

この当時から『金融市場大暴落の兆候はすでに出ている』と語っていた同氏は、世界には
・神のお金(金・銀)
・政府のお金(ドル・ユーロなど)
・国民のお金(仮想通貨)
という3種類のお金が存在していると説明しており、"政府のお金"は危険に晒されているため、最終的には金・銀・仮想通貨が米ドルに変わることになるだろうと警告していました。

同氏は今月1日のツイートでも「ビットコイン」について語っており、『貯金するなら金やビットコインで貯金すべきだ』との考えを述べています

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

メガネスーパーが334全店舗でビットコイン決済を開始

メガネスーパーが334全店舗でビットコイン決済を開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す