「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

by BITTIMES

世界的に人気の著書「金持ち父さん貧乏父さん」の著者として知られるRobert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)氏は、2020年4月7日のツイートで中央銀行や米国連邦準備制度理事会(FRB)を批判し、『本物の金・銀・ビットコインを購入すべきだ』と推奨しました。

こちらから読む:bitFlyer、BATの取扱い開始「仮想通貨」関連ニュース

中央銀行関係者を厳しく批判

アメリカの投資家・実業家でありながら世界的に人気の著書「金持ち父さん貧乏父さん」の著者としても知られるRobert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)氏は、2020年4月7日のツイートで「中央銀行」や「米国連邦準備制度理事会(FRB)」の政策などに言及し、現在の状況は「本当の危機だ」と訴えました。

同氏は最初に「世界3大投資家の1人」とも言われる米国の著名投資家Jim Rogers(ジム・ロジャーズ)氏の言葉を引用する形で『中央銀行の学者や官僚はマーケットがどのように動くのかを理解できていない』と批判しています。

本当の危機。
「中央銀行は自分たちが何をしているのか理解できていない愚かな官僚や学者たちで構成されています。彼らはマーケットの仕組みを理解しておらず、現実世界をよくわかっていません。彼らは世界を救うことはできません。彼らが救いたいのは自分たちの仕事だけです。」ジム・ロジャーズ

「金・銀・ビットコインの現物購入」を推奨

キヨサキ氏はこのツイートに続く形で「米国連邦準備制度理事会(FRB)」が大量のドルを印刷し続けてきたことも批判しており、米ドル(USD)が死にかけている理由についての説明も行っています。

ロバート・キヨサキ氏は米ドルが大量に印刷されている一方で「・銀・ビットコインの数量は限られている」ということを強調しており、金・銀・ビットコインの"現物"を購入することを推奨しています。

なぜドルは死にかけているのか?
2008年にFRBは4兆5,000億ドルを印刷して裕福な人々を救いました。2020年のFRBは6〜8兆ドルを印刷しなければなりません。おそらく今回は米国経済を救うためにです。全世界に存在する金は9兆5,000億ドル相当しかありません。紙のETFの金や銀ではなく、本物の金・銀・ビットコインを購入しましょう。FRBの博士号取得者たちはバカばかりです。

ロバート・キヨサキ氏は以前からFRBの金融政策に対する批判を繰り返しており、2018年には『次に起こる金融市場の暴落は、過去に類を見ないほど大規模なものになるだろう』と語っていました。

この当時から『金融市場大暴落の兆候はすでに出ている』と語っていた同氏は、世界には
・神のお金(金・銀)
・政府のお金(ドル・ユーロなど)
・国民のお金(仮想通貨)
という3種類のお金が存在していると説明しており、"政府のお金"は危険に晒されているため、最終的には金・銀・仮想通貨が米ドルに変わることになるだろうと警告していました。

同氏は今月1日のツイートでも「ビットコイン」について語っており、『貯金するなら金やビットコインで貯金すべきだ』との考えを述べています

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

ビットコイン価格「220万円」まで急上昇の可能性も|100万円から一気に最高値更新か?

ビットコイン価格「220万円」まで急上昇の可能性も|100万円から一気に最高値更新か?

ロシア「仮想通貨決済の禁止」を検討か?地元メディアが報道

ロシア「仮想通貨決済の禁止」を検討か?地元メディアが報道

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年4月26日〜5月2日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年4月26日〜5月2日

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

仮想通貨取次所「Xtheta(シータ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取次所「Xtheta(シータ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

デジタルドルプロジェクト:米CBDCの基盤となる「ホワイトペーパー」公開

デジタルドルプロジェクト:米CBDCの基盤となる「ホワイトペーパー」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す