グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

by BITTIMES

G20の監督機関である「金融安定理事会(FSB)」は2020年4月14日に、仮想通貨Libra(リブラ)のように世界中で利用されることが予想されるステーブルコイン「グローバル・ステーブルコイン(Global Stablecoin/GSC)」の規制・監督・監視に向けた"10の要点"を記した公式文書を公開しました。

こちらから読む:Facebook、新たなコイン発行の可能性「ステーブルコイン」関連ニュース

G20関連当局に「ステーブルコイン規制」で10の提言

金融安定理事会(FSB)が2020年4月14日に公開した公式文書では、仮想通貨Libra(リブラ)のように世界中で利用されることが予想される「グローバル・ステーブルコイン(Global Stablecoin/GSC)」に対して、国際的な規制を定めていくことの必要性が訴えられています。

この文書はG20(*1)向けに公開されているものであり、合計67ページに及ぶ文書の初めでは、グローバル・ステーブルコインの規制に向けた"特に重視すべき10項目"が記されています。
(*1)G20:主要20カ国・地域(日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、欧州連合)

これら10項目の中には以下のような内容が記されており、各国の規制当局に対して「多様化するグローバル・ステーブルコイン(GSC)に臨機応変に対応しつつ、各国の関連機関で協力しながら、具体的な規制枠組みを作成・適用し、実際の運用開始前に全ての規制要件を満たさせる必要がある」といったことが説明されています。

  • 関連当局は多様化するGSCを包括的に規制・監督・監視する必要がある
  • GSCの機能やリスクに応じた規制を適用する必要がある
  • 関連当局は国内外で互いに協力し、コミュニケーションを図る必要がある
  • サイバー攻撃や資金洗浄などのリスク対策や準備金の管理などで効果的な枠組みを設ける必要がある
  • GSCがデータを保護・収集・保存・管理するための堅牢なシステムを備えていることを確認する必要ある
  • GSCに適切な回復・解決策があることを確認する必要がある
  • GSCの仕組みや機能を理解するために必要な包括的かつ透明な情報を利用者・関係者に提供できる必要がある
  • GSCの運用開始前に全ての規制要件を満たす必要がある

技術革新を妨げないための「柔軟性」も提供

金融安定理事会(FSB)はこの提言の目的について『グローバル・ステーブルコインが国内外で決済手段や価値の保存手段として使用されることを想定しており、それに伴う潜在的なリスクを和らげることを目的としている』と説明していますが、それに合わせて『国内の担当官庁が責任あるイノベーションをサポートし、施策を講じられるように柔軟性を提供する』と補足しています。

また、これらの推奨事項は「グローバル・ステーブルコイン」に限定したものではなく「同様のリスクをもたらすその他のステーブルコインや暗号資産」にも適用されるとされています。

金融安定理事会(FSB)はこれらの内容に関する意見を2020年7月15日まで募集しており、それらの意見を踏まえた最終的な提言を2020年10月に発表することを予定しています。

>>「金融安定理事会が公開した文書」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す