グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

by BITTIMES

G20の監督機関である「金融安定理事会(FSB)」は2020年4月14日に、仮想通貨Libra(リブラ)のように世界中で利用されることが予想されるステーブルコイン「グローバル・ステーブルコイン(Global Stablecoin/GSC)」の規制・監督・監視に向けた"10の要点"を記した公式文書を公開しました。

こちらから読む:Facebook、新たなコイン発行の可能性「ステーブルコイン」関連ニュース

G20関連当局に「ステーブルコイン規制」で10の提言

金融安定理事会(FSB)が2020年4月14日に公開した公式文書では、仮想通貨Libra(リブラ)のように世界中で利用されることが予想される「グローバル・ステーブルコイン(Global Stablecoin/GSC)」に対して、国際的な規制を定めていくことの必要性が訴えられています。

この文書はG20(*1)向けに公開されているものであり、合計67ページに及ぶ文書の初めでは、グローバル・ステーブルコインの規制に向けた"特に重視すべき10項目"が記されています。
(*1)G20:主要20カ国・地域(日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、欧州連合)

これら10項目の中には以下のような内容が記されており、各国の規制当局に対して「多様化するグローバル・ステーブルコイン(GSC)に臨機応変に対応しつつ、各国の関連機関で協力しながら、具体的な規制枠組みを作成・適用し、実際の運用開始前に全ての規制要件を満たさせる必要がある」といったことが説明されています。

  • 関連当局は多様化するGSCを包括的に規制・監督・監視する必要がある
  • GSCの機能やリスクに応じた規制を適用する必要がある
  • 関連当局は国内外で互いに協力し、コミュニケーションを図る必要がある
  • サイバー攻撃や資金洗浄などのリスク対策や準備金の管理などで効果的な枠組みを設ける必要がある
  • GSCがデータを保護・収集・保存・管理するための堅牢なシステムを備えていることを確認する必要ある
  • GSCに適切な回復・解決策があることを確認する必要がある
  • GSCの仕組みや機能を理解するために必要な包括的かつ透明な情報を利用者・関係者に提供できる必要がある
  • GSCの運用開始前に全ての規制要件を満たす必要がある

技術革新を妨げないための「柔軟性」も提供

金融安定理事会(FSB)はこの提言の目的について『グローバル・ステーブルコインが国内外で決済手段や価値の保存手段として使用されることを想定しており、それに伴う潜在的なリスクを和らげることを目的としている』と説明していますが、それに合わせて『国内の担当官庁が責任あるイノベーションをサポートし、施策を講じられるように柔軟性を提供する』と補足しています。

また、これらの推奨事項は「グローバル・ステーブルコイン」に限定したものではなく「同様のリスクをもたらすその他のステーブルコインや暗号資産」にも適用されるとされています。

金融安定理事会(FSB)はこれらの内容に関する意見を2020年7月15日まで募集しており、それらの意見を踏まえた最終的な提言を2020年10月に発表することを予定しています。

>>「金融安定理事会が公開した文書」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

運輸業界初のNFTプロジェクト「東海バスNFT」始動:CryptoGames×東海自動車

運輸業界初のNFTプロジェクト「東海バスNFT」始動:CryptoGames×東海自動車

Bitget:トルコを代表するサッカーチーム「Galatasaray」とスポンサー契約を締結

Bitget:トルコを代表するサッカーチーム「Galatasaray」とスポンサー契約を締結

Moonstake Wallet「Shiden Network(SDN)のステーキング」に対応

Moonstake Wallet「Shiden Network(SDN)のステーキング」に対応

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Bybit(バイビット)XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

Bybit(バイビット)XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す