誰でも無料で使えるブロックチェーン電子契約サービス「eサイン」公開へ:blockhive

by BITTIMES

ブロックチェーン技術やデジタルIDを活用したデジタル身分証アプリや電子署名プラットフォームなどを開発している「株式会社blockhive」は、スマートフォンから電子署名を行うことができる電子契約サービス「e-sign(eサイン)」を完全無料で近日中に公開することを発表しました。現在は公式ウェブサイトで事前登録受付が開始されています。

こちらから読む:SBI、FX取引にブロックチェーン技術活用「国内ニュース」

電子契約サービス「e-sign(eサイン)」とは

e-sign-logo

e-sign(eサイン)は、完全無料で世界中のどこからでもスマートフォンから電子署名を行うことができる電子契約プラットフォームであり、法人・個人関係なく、契約数・期間の制限もなく、一生無料で利用することができるようになっています。

"電子国家"とも呼ばれるエストニアと日本に拠点を構えている「blockhive」は、完全無料で利用できる電子契約プラットフォームが国全体に普及しているエストニアを参考にして『電子契約プラットフォームを無料で提供することでこそ、電子契約が日本のデジタル社会に当たり前に普及する未来を実現できる』との考えから"完全無料"でのサービス提供を決定したと説明しています。

blockhiveは「e-sign」に込められた想いとして以下の3点を例に挙げています。
・書類にデスクを占拠され、郵送代や印紙税を払い続ける時代に別れを告げたい
・「はんこ」のためだけに出社をする、非効率な社会からの脱却を目指したい
・ペーパーレスのデジタル世界を実現する電子契約サービスを完全無料で届けたい

電子契約を「3ステップ」で簡単完結

e-sign(eサイン)では、近日公開予定のデジタル身分証アプリ「xID(クロスID)」を使用することによって、わずか3ステップで簡単にスマートフォンから電子署名を行うことができるとされています。

1.デジタルIDアプリでログイン
デジタル身分証アプリ「xID」を使用してログインします。初回設定時にマイナンバーカードの認証が必要となるものの、マイナンバーカードを持っていない無い場合はスキップすることも可能です。

2.契約書をアップロード
作成した契約書(.docxや.pdfなど主要ドキュメント形式に対応)をe-signにアップロードして、相手方のメールアドレスを入力。署名者の他にビューワー(閲覧者)を設定することも可能です。

3.電子署名をして契約者に送信
xIDアプリ上でPINコードを入力することで、電子署名が完結します。「Face ID」や「Touch ID」などの生体認証も利用することができ、相手の電子署名が完了すると即時にメール通知が届きます。

IDアプリも無料提供|なりすまし行為も防止

blockhiveは「デジタルIDアプリも無料で提供する」と説明しています。また「e-sign」ではマイナンバーカードをスマホにタッチするだけで簡単に本人認証を行うことができる「xID」を使用してユーザーの本人確認を行なっており、2要素認証によるセキュアログインもできるようになっています。

「xID」の登録も数分で完了するように設計されているため、マイナンバーカードをかざして公的個人認証を実施し、2つの暗証番号を設定するだけで登録するを完了することができるとのことです。また、複雑なパスワードを覚えたり、名前・住所などの個人情報を入力する必要もないとされています。

同社は無料で利用できる「電子契約サービス」と「デジタルIDアプリ」を組み合わせることによって、なりすましを防止し、セキュリティレベルを向上させています。なお「書類のアップロード・契約書の送付・署名」などといった基本的な機能はマイナンバーカードを持っていない方でも利用することができるとのことです。

日本では依然として「はんこ」を用いた契約が様々な場面で行われていますが、「電子契約サービス」が普及して一般的に利用されるようになれば、日常生活や仕事などの様々な事柄が効率化されることになると期待されます。「e-sign」は2020年4月下旬に公開される予定だと報告されているため、今後の発表にも注目です。

>>「株式会社blockhive」の公式発表はこちら
>>「e-sign」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GREE子会社のBLRD「Polygonのバリデータノード」運営開始

GREE子会社のBLRD「Polygonのバリデータノード」運営開始

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

ジャスミー「第二鍵を利用したセキュリティに関する新技術」の特許取得

ジャスミー「第二鍵を利用したセキュリティに関する新技術」の特許取得

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

OKCoinJapan:エイプコイン(ApeCoin/APE)取扱いへ

OKCoinJapan:エイプコイン(ApeCoin/APE)取扱いへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す