誰でも無料で使えるブロックチェーン電子契約サービス「eサイン」公開へ:blockhive

by BITTIMES

ブロックチェーン技術やデジタルIDを活用したデジタル身分証アプリや電子署名プラットフォームなどを開発している「株式会社blockhive」は、スマートフォンから電子署名を行うことができる電子契約サービス「e-sign(eサイン)」を完全無料で近日中に公開することを発表しました。現在は公式ウェブサイトで事前登録受付が開始されています。

こちらから読む:SBI、FX取引にブロックチェーン技術活用「国内ニュース」

電子契約サービス「e-sign(eサイン)」とは

e-sign-logo

e-sign(eサイン)は、完全無料で世界中のどこからでもスマートフォンから電子署名を行うことができる電子契約プラットフォームであり、法人・個人関係なく、契約数・期間の制限もなく、一生無料で利用することができるようになっています。

"電子国家"とも呼ばれるエストニアと日本に拠点を構えている「blockhive」は、完全無料で利用できる電子契約プラットフォームが国全体に普及しているエストニアを参考にして『電子契約プラットフォームを無料で提供することでこそ、電子契約が日本のデジタル社会に当たり前に普及する未来を実現できる』との考えから"完全無料"でのサービス提供を決定したと説明しています。

blockhiveは「e-sign」に込められた想いとして以下の3点を例に挙げています。
・書類にデスクを占拠され、郵送代や印紙税を払い続ける時代に別れを告げたい
・「はんこ」のためだけに出社をする、非効率な社会からの脱却を目指したい
・ペーパーレスのデジタル世界を実現する電子契約サービスを完全無料で届けたい

電子契約を「3ステップ」で簡単完結

e-sign(eサイン)では、近日公開予定のデジタル身分証アプリ「xID(クロスID)」を使用することによって、わずか3ステップで簡単にスマートフォンから電子署名を行うことができるとされています。

1.デジタルIDアプリでログイン
デジタル身分証アプリ「xID」を使用してログインします。初回設定時にマイナンバーカードの認証が必要となるものの、マイナンバーカードを持っていない無い場合はスキップすることも可能です。

2.契約書をアップロード
作成した契約書(.docxや.pdfなど主要ドキュメント形式に対応)をe-signにアップロードして、相手方のメールアドレスを入力。署名者の他にビューワー(閲覧者)を設定することも可能です。

3.電子署名をして契約者に送信
xIDアプリ上でPINコードを入力することで、電子署名が完結します。「Face ID」や「Touch ID」などの生体認証も利用することができ、相手の電子署名が完了すると即時にメール通知が届きます。

IDアプリも無料提供|なりすまし行為も防止

blockhiveは「デジタルIDアプリも無料で提供する」と説明しています。また「e-sign」ではマイナンバーカードをスマホにタッチするだけで簡単に本人認証を行うことができる「xID」を使用してユーザーの本人確認を行なっており、2要素認証によるセキュアログインもできるようになっています。

「xID」の登録も数分で完了するように設計されているため、マイナンバーカードをかざして公的個人認証を実施し、2つの暗証番号を設定するだけで登録するを完了することができるとのことです。また、複雑なパスワードを覚えたり、名前・住所などの個人情報を入力する必要もないとされています。

同社は無料で利用できる「電子契約サービス」と「デジタルIDアプリ」を組み合わせることによって、なりすましを防止し、セキュリティレベルを向上させています。なお「書類のアップロード・契約書の送付・署名」などといった基本的な機能はマイナンバーカードを持っていない方でも利用することができるとのことです。

日本では依然として「はんこ」を用いた契約が様々な場面で行われていますが、「電子契約サービス」が普及して一般的に利用されるようになれば、日常生活や仕事などの様々な事柄が効率化されることになると期待されます。「e-sign」は2020年4月下旬に公開される予定だと報告されているため、今後の発表にも注目です。

>>「株式会社blockhive」の公式発表はこちら
>>「e-sign」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

ビットフライヤー「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始【日本国内初】

ビットフライヤー「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始【日本国内初】

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

Zaif:コイン積立で「ETH・XYM・FSCC・CICC・NCXC」の5銘柄をサポート

Zaif:コイン積立で「ETH・XYM・FSCC・CICC・NCXC」の5銘柄をサポート

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す