原油先物、史上初の「マイナス価格」を記録|仮想通貨市場への影響は?

by BITTIMES

ニューヨークの原油先物市場では、2020年4月20日に原油価格が先物上場以来初めて0ドルを割り込み、史上初となる「マイナス価格」を記録しました。今回の暴落は仮想通貨業界でも注目を集めており、仮想通貨市場への影響を予想する意見も多数でています。

こちらから読む:新規投資家が増加傾向「仮想通貨」関連ニュース

原油先物、一時的に「マイナス40ドル」まで急落

ニューヨークの原油先物市場では2020年4月20日に、史上初となる「マイナス価格」が記録されました。20日時点でのウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物の期近5月物の精算値は一時的に「1バレル=マイナス37.63ドル」となっており、前日から55.9ドル下落しました。
WTI:アメリカ南部のテキサス州とニューメキシコ州を中心に産出される原油の総称

朝方から売られ始めていたWTIは午後に入ってから下落の勢いを増し、正午過ぎに10ドルを下回った後は10分おきに1ドル下がる展開となり、午後2時過ぎに0ドルを割った後は一時的に"マイナス40ドル"付近まで急落しました。

先物価格がマイナスのまま期日を迎えた場合には、"原油現物の引き渡しとともに現金を受け取れる"という通常では考えられない事態に陥ることになりますが、記事執筆時点では「1バレル=21ドル」付近まで回復しています。

(画像:tradingview.com)(画像:tradingview.com

今回の暴落は「原油需要の減少」と「原油保管スペースの枯渇」によるものであり、外出規制などによってガソリンの使用率が激減していることに加えて、原油の保管スペースがなくなり貯蔵コストが大幅に高まったことが原因となっています。

仮想通貨への関心増加なるか|マイナーへの影響も?

「原油価格が0ドルを下回った」というニュースは仮想通貨業界でも大きな話題となっており、米国の仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」の創設者であるウィンクルボス兄弟は『本日以降、石油は"信頼できる価値の貯蔵手段"とはみなされなくなる』とツイートしています。

本日以降、石油は信頼できる価値の貯蔵手段とはみなされなくなります。次に最適なオプションは「米ドル・ゴールド・ビットコイン」です。

仮想通貨業界では以前から「伝統的な金融資産の暴落」を予想する意見が数多く出ていましたが、今回の暴落によって仮想通貨や金融資産に関心を寄せていなかった人々の間でも「世の中が変わりつつあること」を感じ始めている意見が多数で始めています。

現時点でビットコインなどの仮想通貨価格には、それほど大きな変化は見られていないため、今回の件で仮想通貨などに対する注目が集まれば、新規投資家の参入にもつながる可能性があると考えられます。

ただし原油市場の混乱が今後も続いた場合には、為替・株式・仮想通貨などの市場にも間接的な悪影響をもたらす可能性もあり、別の意見では『石油会社が倒産した場合にはそれらのエネルギーを利用していた仮想通貨マイニング企業にも影響が出る可能性がある』といった意見も出ているため、仮想通貨市場の動きにも引き続き警戒が必要であると考えられます。

2020年4月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先日20日にやや下落したものの、今のところ大幅な値動きは見られておらず、2020年4月21日時点では「1BTC=741,910円」で取引されています。

2020年4月7日〜2020年4月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月7日〜2020年4月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「臨床試験データ」を管理|医療業界の成長促進なるか

ブロックチェーンで「臨床試験データ」を管理|医療業界の成長促進なるか

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

注目度の高い仮想通貨ニュース

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

ヘキサ:住民票NFT「HEXA LAND Residents NFT」を無償配布【本日まで】

ヘキサ:住民票NFT「HEXA LAND Residents NFT」を無償配布【本日まで】

c0ban取引所:最大2022RYOが当たる「新年ダブルチャンスキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大2022RYOが当たる「新年ダブルチャンスキャンペーン」開始

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す