Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

by BITTIMES

仮想通貨マイニング企業「Bitmain(ビットメイン)」が製造・販売しているビットコインマイニングマシン「Antminer S17/T17」で、故障報告が増加していることが明らかになりました。

こちらから読む:南米3カ国でBTC取引量が増加「仮想通貨」関連ニュース

「Antminer S17/T17」で故障率が増加

カナダに本社を構えるブロックチェーン企業「Blockstream(ブロックストリーム)社」の最高戦略責任者であるSamson Mow(サムソン・モウ)氏は、2020年4月26日のツイートでマイニング大手「Bitmain(ビットメイン)」が製造しているマイニングマシンの"S17・T17シリーズ"で故障報告が増加していることを報告しました。

同氏の報告によると、ビットメインが製造している「Antminer S17/T17」の通常の故障率は5%程度であるものの、現在この故障率は20〜30%近くまで上昇しているとのことで、マイニングマシン内でCPUの熱を吸収する"ヒートシンク"が脱落してマシンがショートし、ファンの故障につながっていると説明されています。

また、ビットメインのCEOであるJihan Wu(ジハン・ウー)氏は『今回報告されている故障は同社の共同設立者であるMicree Zhan(ミクリー・ツァン)氏に原因がある』と主張しているとも報告されています。なお、ミクリー・ツァン氏は2019年10月末にビットメイン社から追放されています。

Bitmainの顧客は「Antminer S17/T17」の故障率が20〜30%(通常は5%)であると報告しています。ヒートシンクが脱落して、マシンがショートし、電源ファンが故障しています。

Jihan氏は「S19」にチャンスをもらえないかと顧客に懇願しており、Micree氏に責任があると主張しています。

「Antminer S17/T17」の故障率は上昇していると報告されているものの、今のところビットコインのハッシュレートに大きな変化は見られていません。

なお、今回故障が報告されている「Antminer S17/T17」は2019年4月頃に販売開始された旧型モデルであるため、新たに発表された「Antminer S19シリーズ」の故障は報告されていません。

先月23日に中国で新しく販売された「Antminer S19/S19 Pro」のハッシュレートは、S19が「約95TH/s」、S19 Proが「約110TH/s」となっており、「S17(67TH/s)」や「T17(55TH/s)」よりも高性能なマイニングマシンとなっています。S19シリーズは販売直後に完売しており、次回発送は半減期前後の予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】ビットコイン価格「240万円」突破|ほぼ全ての取引所で過去最高値を更新

【速報】ビットコイン価格「240万円」突破|ほぼ全ての取引所で過去最高値を更新

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

ICE:Bakktアプリのサービス拡充に向け「Bridge2 Solutions」買収へ|eBay報道にも言及

ICE:Bakktアプリのサービス拡充に向け「Bridge2 Solutions」買収へ|eBay報道にも言及

仮想通貨交換業者「Bitgate」を子会社化:株式会社D.H.G

仮想通貨交換業者「Bitgate」を子会社化:株式会社D.H.G

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す